ランニングは最高だからマジで

ランニングが生活の一部になってくると思うのはこんなに楽しいのだからもっとみんな走ればいいのにと言うことだ。今まで何人もの人にランニングいいよとか勧められてきて僕が思っていたのはなんだよこいつ頭逝かれてるのかとかそういうネガティヴな感情だったのだけれど、今になって分かる。ただ純粋に楽しいからこの楽しみを自分以外にも広めたいという一心だったのだ。なんてピュアな動機だったのだろう。それなのに僕は怪訝な目で彼らの腕に注射痕を探したり、腕に数珠を付けていないか探っていたりしたのだから失礼話ですよね。そもそもあの社会人のおじさん達が付けている数珠って一体何だろう。若い子達がシルバーのバングルなんか付けていれば、どうせギャーギャー騒ぐくせに自分達は謎の数珠を腕に付けている。どこで売ってんだよそれ。ご利益あったかそれ。ねーだろクソがぶっ殺すぞ。

ランニングは決して爽やかな運動でもなく、大変な運動でもない。よくショーパンにスポーツタイツのおじさんなんかが公園を異常に汗かいて走っていたりするけれど、わざわざあんなに恥ずかしい格好をする必要もない。前世で大きな罪を犯したものだけがあの格好をして現世で公園を命を燃やしながらぐるぐると走らないといけない。そういうタイプの罪だ。オサレな子達はお気に入りのキックスを履いてジョガーパンツとPatagoniaのキャプリーンなんか着て、耳にはAirPodsをぶっ刺して5lackさんとか聴きながら走ればいいのだ。スケートボートも最高だけれど、街をハックするという意味ではランニングだって同じ。スケーター目線で街をパークにするように、ランナー目線で街をコースにする事だって出来る。

なんだか最近ではランニングは無意味で筋肉を溶かすだけの無意味な運動とか言われているらしいけれど、運動なんてほとんど全部意味がないだろ。甲子園を目指して野球部に入って野球で成功してプロに入って覚醒剤打って気持ち良くなっちゃうな世界だぞ。ほとんどの運動なんて覚醒剤以下という意味では意味がないのと同じなのだ。だから無意味だ無意味だ言われてもそんな事を気にせずに走ればいいのだ。走ってどうなるのとかよく言われる。走った事で体が多少絞れたり、見た目が良くなったりもするけれど、それは性格に走りの先にあるものではない。走りの先にあるものは死。それだけ。野球だってサッカーだって、ラグビーだって相撲だって、行き着く先は全部死だ。結局みんな死んであの世で最高の日本家屋の縁側で緑茶を啜って現世を眺めて穏やかに暮らすことになるのだから、とりあえず今は走れ。試しに1週間走って見てほしい。一回くらいは完全にキマる瞬間があるはずなのだ。ゆっくりとゆるーい感じで最初はおいなんだよこれ全然じゃんくらいに思っていたら痛い目みるからな。その瞬間は一気にくる。一瞬で脳が破壊され、トロットロになる。

ランニングは大麻・覚醒剤よりもメリットが沢山ある!

f:id:DHFclub:20191205210957p:image

先ずいちばん良いのがめんどくさい人間関係に付き合わなくて済むっていうことですよね。でっかい真っ黒なグレードの高いベルファイアに乗ってるおじさんと仲良くなる必要がないっていうのがランニングの良い所。ランニングって基本的にずっと1人で黙々と走っているだけなのでコミュニケーションを取る必要がないから勘ぐる事もなくて本当に精神衛生上良いですよね。あとは合法っていうのも爆アド。僕のランニングコースには交番の前を走るコースがあるんですけど気持ちいいですよ。警察の目の前を完全にキマッた状態で走っているのにポリ公達は僕に何もできない。なぜなら日本は法治国家でランニングは合法だから。合法って本当に良いんですよ。合法と非合法でどちらか選べって言われたら完全に僕は合法を選んじゃいますよね。やっぱり安心感が違います。労働・納税・合法。この3つを抑えておけば人生なんてどうにでもなるんです。安倍総理大臣様、本当にありがとうございます。