ちょっと寝ればぽかぽかです

会社の飲み会から早めに帰ってきた彼女は、帰ってきて直ぐに着古したTシャツと綿の薄いパンツに着替えてベッドに転がりこんでいた。ダイニングテーブルで本を読んでいた僕は彼女が眠りについてからベッドに入った。僕がベッドに寝転び、毛布を肩まで引っ張り上げると、彼女は僕の手をとり「ちょっと寝ればぽかぽかです。」といった。