初心者ランナーが100km走って思ったこと

f:id:DHFclub:20191113175303j:image

先月から走り始めて累計100kmを到達したので初心者ランナーの記録として思ったことなどを残しておきたい。

なぜ走り始めたのか

奥さんがジムに通い始めて僕だけお腹ぽよぽよで奥さんがバッキバキみたいな状態になるのは避けたかったっていうのが根源の理由。じゃあジムに通うのかって言われると奥さんがジムに行って金を払って専門家に助けられながら身体を絞るのであれば僕はその逆を行きたいという謎の考えで、お金が掛からなくていつでも自分で出来る運動という事で最も簡単そうだったのがランニングだった。他にもどうせなら身体を絞るのが目的ではなくてもっと楽しくて大きいものを目的にしたかったので、ランニングなら足も早くなるし最終的にはフルマラソンに挑戦とかもできるので楽しそう。自重トレーニングとかも自宅でできるしメインストリームではないので個人的にはビビッと来たのだけれど、テストステロンさんの本が図書館になかったので今は保留中。

100km走ってみて体は絞れたのか

100km走るのに僕がかかったのは6週間。平日は4kmを基本に走って休日は10km走る日もあれば2kmで済ませる日もある。特に目標走行距離は決めていなくて自分が楽しいぞって思える距離を走る感じ。

6週間走ってみて身体に変化はあったのかというとお腹周りのお肉が無くなってきたのが一番分かりやすい変化。お腹はぺったんこになって、腹筋は4つに割れた。足が太くなったり細くなったりっていうのは見た目ではよく分からない。ランニングだけだと目に見える身体の変化は無さそうだったので、変化が分かりやすい腹筋ローラーを毎日20回×3セットでやっていた事も影響していると思う。ランニングだけではここまでお腹周りは絞れないと思うので、これから絞ることを目的にする人はランニング+何かの筋トレという組み合わせでやった方が効果的だし見た目の変化も楽しいと思う。

僕が個人的に一番痩せて欲しいと思っている顔痩せは100km走ってもほとんど変化はない。どうやら顔は最後に落ちてくるそうなので顔が小さくなるまで僕は走って腹筋ローラーをコロコロさせまくる。

平日のランニングは帰宅ラン

僕は社会人の中でもかなり暇な方だけれどちゃんと仕事をバリバリしている人には走っている時間なんてないと思う。僕は暇だけれど一回家に帰ってしまうともう走るのが面倒臭くなるなという感じがしたので平日は最寄駅ではなくて家からGoogleマップで5kmくらい離れた駅で降りて、そこから走って帰ってきている。

サロモンの12lのトレラン用ザックに靴と着替えを詰めて会社に行って、帰りは走る拠点の駅で下車してトイレで着替えて後は走って帰るだけ。走らないと帰れないというのと、走れば帰れるという気持ちで意外と全然走れる。楽しい。

家に着いたらそのまま腹筋ローラーを20回×3セットやって、お風呂に入って終わり。

休日は朝ラン

脂肪を効率よく燃焼させるには朝のお腹に何も入っていない状態で走ると良いと聞いたので、休日が7時から8時くらいまでゆっくりと近所の公園のランニングコースを走っている。奥さんも土日は朝6時〜8時という朝朝活をしているのでちょうど良い。ランニングをするようになって午前中の時間を有効につかえるようになったのは嬉しい。

食事制限は何もしない

食事を制限することの何が楽しいのか僕には理解できなかったので食事制限はしていない。プロテインも飲まないし、鶏胸肉をたべたりもしていない。出来るだけお金をかけないのがルール。脂肪を落として筋肉を付けるためにお金を払って普通の生活で必要のないものを買うというのは自分的にはルール違反な気が今はしているので今は手を出さない。そのうちささみと茹で卵しか食べないモンスターになる可能性だって一応ある。

足の故障について

ランナーに怪我はつきものとよく言われる。実際に僕も走り始めてから小さなトラブルは発生したけれど、今のところ対処してやっているので問題無さそう。走り始めた2日目に膝が痛くなったのだけれどストレッチをしたら痛みがなくなってそれ以降は膝に痛みはない。ルナサンダルで10km以上走るとくるぶしの下あたりが痛くなる腓骨筋腱炎になったので、ルナサンダルで走るのは5km以下にしようと思っている。身体が出来てきて、ランニングフォームも綺麗になってくればまた考えればいい。

ランニングシューズについて

ずっと登山などで使っていたルナサンダルで走りたいと思って最初は走っていたのだけれど、あまり長い距離を走ると足が痛くなるので今はアシックスのランニングシューズを履いて走っている。時々アルトラのベアフッドシューズを履いて走ったりもしているけれど正直まだ何が良くて何が悪いのかがわからない。今履いているアシックスのランニングシューズが壊れたら黒くてカッコいいinov8とかのシューズが欲しい。何が良いのか全然わからないのでいろいろ試してみたいと思う。

ランニングは楽しい

それで100km走ってみてランニングはどうよっていうと普通に楽しい。何が楽しいって自分ひとりで黙々と何かに向き合うっていうのが楽しい。走りながら自分のフォームを変えてみたり、いつもよりもスピードをだしてみたりそういうことをひとりで考えながら黙々と試行錯誤する作業が楽しい。スケボーをしていた時にパークのみんなとワイワイやっているよりも夜の公園でひたすらコーンをひとりで飛んでいた時のが楽しかったのと同じ感じがする。

今はペースもゆっくりでそこまで長い距離を走れるわけではないけれど日々の習慣としてひとつ楽しい事が増えたくらいの気持ちでやっていきたい。必要以上にハマりたくないという気持ちもあるので心のどこかでブレーキをかけることも大切な気がする。ランニング沼はやばそうだから。

これからの目標

ランニングにおける今後の目標は身体の数値とか速度とか距離とかではなく、毎日明日走ることを目的にしていきたい。