アトピーと生活

ほとんど完治したアトピーの事を中心に

重度のアトピーの人をあまり見ないのは少数だからではなく外に出ないから

f:id:DHFclub:20191018104524p:image

こんにちは。僕はアトピーです。

今はほとんど治っていますが、僕が重度のアトピーだった時に友人に言われた事があります。「外では酷いアトピーの人はほとんど見た事ないから、きっとすぐに良くなるよ。」と。その友人とは今でも仲が良く、彼自身もとてもいいやつです。きっと彼は僕を励ますためにそのような言葉を言ってくれたのだと思います。ですが、僕はなんとなくしっくり来なかったんです。本当にみんな重度のアトピーは治るのか?外で重度のアトピーの方をみないのはなぜか?

重度のアトピーの人を街で見かけない理由

東京や地方の都市などの人が沢山いるところに行ったとしても、なかなか街中でアトピーの方を見る事はありません。僕はそれが不思議でした。渋谷のスクランブル交差点にはあれほど沢山の人がいるのに、見てわかるようなアトピーの方とすれ違った事はありません。

日本には2014年時点で45万人以上のアトピー患者の方がいるとされています。5年以上前のデータですので今はもう少し増えていると思います。それなのになぜこんなにアトピーの方を街で見ることがないのでしょうか。

ひとつには軽度のアトピー患者が沢山いることもあるでしょう。顔や手などの見える部分には出ない人や、ドライスキンの状態で安定している人など、一見するとアトピーだとわからないような方も多くいます。女性の場合はメイクでうまく隠したり、男性もアトピーが目立たないような服装を選んだりしています。

軽度の方を外で見ないのは、アトピーだと気づかないからで説明が出来ると思いますが、重度の方を外で見ないのはなぜでしょうか。僕が重度のアトピーだった時よりも、重度の人を僕は外では1人しか見たことがありません。

外で見かけないという事が意味するのは、重度のアトピーの方はほとんどいないという事でしょうか。みんな重度のアトピーになる前に治ってしまうのでしょうか。

僕はそうではないと思っています。自分がそうであったように重度になればなるほど外へ出る事が出来なくなり、治療以外はほとんど引きこもりのようになっているのだと思います。

つまり症状が重度になればなるほど肉体的、精神的に参ってしまい、外に出る事が出来なくなり、その結果外では重度のアトピーの方を見かけなくなるのです。

見えていないだけで大変な人が沢山いる

僕が友人から言われた際に感じた違和感は「アトピーはそんなに簡単なものじゃない」という事でした。そんな簡単に治るものでもないし、そんな簡単に良くなるものでもないし、重度のアトピー患者だって沢山います。

アトピーの僕達には重度の方を街でみないのは街にでれないからだという事がわかるけれど、普通の方はそこまで深く考えていないのだと思います。そこで何かギャップのようなものを感じてしまいました。アトピーなどの病気にかかる唯一のメリットは、痛みがわかる分人の痛みが多少分かるようになるということだけですから、わかる人だけは分かるればいいのかなとおも思います。

まとまりのない文章ですが、このギャップが結構沢山あって大変だよねっていう話でした。それでは!