アトピーと生活

ほとんど完治したアトピーの事を中心に

アトピー肌にセラミド保湿が有効な理由

こんにちは。アトピー対策として有効とされている保湿剤を使用した保湿ですが、今記事ではなぜアトピーに保湿が必要なのか説明します。

アトピー肌とはどのような状態なのか

そもそもアトピー肌とはどのような状態なのでしょうか。アトピーの肌と健康な肌との圧倒的な違いはセラミドの保有量にあります。アトピーの人の肌にはセラミドが健康な肌の方に比べると圧倒的に足りていないのです。このセラミドが少ないと水分を保持する事ができなくなり、肌の表面にある角質の水分が少なくなります。水分を保持する能力が低くなり、角質が乾燥してしまう状態がアトピー肌の特徴です。

肌が乾燥するとどうなのか

では水分量が少なくなり乾燥してしまうと、何が起こるのでしょうか。セラミドが足りなくなり乾燥をしてしまうと、皮膚のバリア機能が低下します。皮膚はミルフィーユのように何重にもいくつもの角質の層などが重なりあって出来ているのですが、その角質の中に含まれるセラミドが少なくなると、角質の水分が減少し、角質がめくれあがったりすることにより、角質と角質の間に隙間ができてしまいます。このような隙間から異物(アレルギーの元となるもの)が侵入することによって痒みや炎症が発生してしまうのです。

痒みが発生する意外な理由

アレルギー物質などが体内に入り込む事でアレルギー反応を起こし痒みが発生します。ここまではアトピーの方であれば感覚的に分かると思いますが、さらに痒みが生じた皮膚を掻くことにより、また痒みが発生してしまいます。

さらに、アトピー診療ガイドラインによれば肌を掻いている音を聴くこと、患部の炎症を見る事でも脳には痒みとして伝達され、さらに痒みが発生されるとしています。

つまり一度アレルギーが皮膚に反応してしまうと、どれだけ我慢しても触覚、聴覚、視覚を伝達して痒みが助長してしまうのです。

一番の予防は肌を保湿すること

先程説明したように、一度アレルギー反応を示してしまうと痒みはなかなか落ち着きません。これはアトピーの方なら経験的に知っていることだと思います。ですので根本的な対処法が必要となり、それが肌の保湿です。具体的にはアトピー肌に不足しているセラミドを補ってあげればよいのです。

セラミドを補ってあげれば、自然と水分保有量が多くなり、角質層のバリア機能が復活し、アレルギーにも反応しにくい身体になります。

ではセラミドを補うにはどうすればいいでしょうか。大きく分けると2つあり、サプリなどで体内に吸収する方法と、セラミドの入っている化粧水や保湿剤を使用する事で皮膚にセラミドを補う方法があります。今回は即効性の高い保湿剤などを使用する方法をご紹介します。

セラミド入り化粧水はヒト型セラミドを選ぶ

セラミドにはヒト型セラミドと合成セラミドの2種類があります。合成セラミドはキュレルなどに配合されているセラミドの事で、特長としては比較的安価に提供できるということです。

もうひとつのヒト型セラミドは人の体内にあるセラミドと似た構造を持ち合わせており、保湿能力は合成セラミドとは比べ物にならない程です。一般的にはヒト型セラミドの保湿力は合成セラミドの3倍と言われており、合成セラミドを使うよりも、ヒト型セラミドを使う方が効果的です。ただヒト型セラミドにも唯一欠点があり、それは金額が高いということです。

合成セラミドは研究が普及していることもあり、コストが低いのですがヒト型セラミドはまだそれほど普及しているわけではないので、まだまだ高いのが現状です。

ヒト型セラミドの保湿剤のおすすめ

保湿効果は絶大ですが高価というヒト型セラミド。中には数万円する化粧水などもあります。はっきりいってアトピー治療にはいろいろお金がかかるのでそんな金額出せません。またアトピーの場合、実際に使わないと自分の肌に効果的かもわかりません。合うか合わないかしないものに、大金を払うのは誰でも躊躇います。

そこで僕がまず一番先におすすめできるのがトライアルセットのお試しです。僕が使用している小林製薬のヒフミドにはトライアルセットがあり、これが通常価格で買っている僕からすると信じられない価格でお試し出来るのです。

僕が使用しているヒフミドは180mlで4800円程度なのですが、トライアルセットの場合120mlにいろいろ付いて1500円で試すことが出来ます。正直羨ましいです。

 

小林製薬ヒフミドの凄さ

ヒト型セラミド配合の化粧水はまだ少ないですが、いくつか有名な化粧水があります。ですが、はっきりいって名前をあまり聞いたことのないブランドのものが多いのが現状です。実際に使ってみるとヒト型セラミドなので効果はあるのですが、心のどこかで不信感があるのは確かです。その点小林製薬という大手製薬会社が販売しているだけで安心感が違います。

さらに、ヒフミドの場合は他のセラミド配合化粧水とは違い、セラミドⅠ型、Ⅱ型、Ⅲ型と豊富なセラミドが配合されているのでその効果は絶大です。

一応顔に使うことを主目的としていますが、僕は全身に使っています。お風呂上がりに身体を拭いてすぐにヒフミドを全身に塗るようにしています。以前はお風呂上がりに皮膚が乾燥することが多かったのですが、ヒフミドを使用するようになってからお風呂上がりに乾燥して痒くなるという事は無くなりました。また、一番嬉しいのが肌が本当に綺麗になる事です。セラミドによって水分保湿能力が高まると、アレルギーに反応しにくくなり皮膚の炎症もなくなります。炎症のなくなった皮膚は自然と回復していくので、初めて使ってから1ヶ月程で見違えるように綺麗になりました。

炎症が無くなったのでステロイドを使用する必要もなくなったのでほとんど使っていません。皮膚に行くのは1年で2回以下になったのが地味に嬉しかったです。

化粧水は全身に使う

安くはない化粧水なので、炎症のひどい部分にしか使用しないという方もいるかと思いますが、化粧水の目的は炎症を抑えることではなく、肌にセラミドを補給し、乾燥肌を改善すえる事です。ですので一見健康な肌に見えているような部分でも肌は乾燥している事が多いので全身に万遍なく使うようにしましょう。

値段のことを考えるとためらってしまうのもわかりますが、トライアルセットでは本当に安く買えるので惜しみなく全身に使ってから見てください。本当に驚く効果が得られるはずです。

先ずは保湿が重要

本記事ではアトピーにとって保湿がいかに重要かという話と、僕が使っているおすすめのヒト型セラミド配合の化粧水をご紹介しました。通常価格で買うとそれなりにしてしまうので、ぜひ一度トライセットを試してみてください。合成セラミドのキュレルのボディークリームとそれほど値段が変わらないので是非一度試してみてください。それでは! 

キュレル ローション ポンプ 単品 410ml

キュレル ローション ポンプ 単品 410ml