アトピーと生活

ほとんど完治したアトピーの事を中心に

アトピーでも痒くない!僕がおすすめする綿100のパジャマはこれ!

こんにちは。本記事では僕がアトピーの治療中に着ていたパジャマを紹介します。

アトピーの症状が悪化していると外に出る事が難しくなります。また、関節などの肌も炎症が広がっているので、身体を動かすのが億劫になり、出来るだけ楽な格好で過ごす時間が長くなります。ではそのような時におすすめの服装はどのような服装でしょうか。僕が多くのパジャマを試してみて、アトピーでも痒くないと思い、今でもパジャマとして使っているTシャツをご紹介します。

アトピー・敏感肌用の寝巻きの選び方

アトピーや敏感肌用の寝巻きを選ぶに当たって、気をつけておきたい事がいくつかありますので、選び方について説明します。

化繊ではなく綿100

速乾性や消臭機能のついたハイテクTシャツが今はたくさんありますが、そのほとんどが化学繊維のポリエステルを使用しています。化学繊維自体が体に悪いということでないので、化学繊維のTシャツでも全く肌に影響がないという方は無理して綿100のTシャツに変える必要はありません。ですが、化学繊維のTシャツは表面が綿100のものよりもチクチクしている事が多く、乾燥している肌や炎症を起こしている肌などには更なる刺激を与えてしまい、痒みを発生させる原因になる事が多いのです。また速乾性能やヒートテックのような保温効果を売りにしているものは、気化熱により肌が乾燥しやすくなっているので、日常的に着る肌着は綿100をおすすめします。

重度のアトピー治療中では日常着がほとんどパジャマになる事も少なくありませんので、部屋着としてもパジャマとしても着ることの出来る綿100のTシャツがあると便利ですよ。

出来るだけオンスの低いものを

Tシャツを探しているとオンス(oz)という単位を目にするかと思います。このオンスというのは簡単に説明してしまえば高ければ高いほど生地が厚く、低ければ低いほど生地が薄くなります。

生地が低ければ低いほど、生地が薄くなるので肌触りも柔らかくなり、肌に負担がかからなくなります。ですので選ぶ時には出来るだけオンスの低いペラペラのものを選ぶようにしましょう。

また、アトピーの方にとっては寝ている時に体が熱を持つことは痒みを生じさせるため避けたい状態です。そのような時にも、生地が薄い方が汗をかかずに、身体がオーバーヒートする事を防いでくれますので有効です。

長袖もあると便利

部屋着・寝間着として使用するTシャツですが、半袖だけではなく長袖のものもあると便利です。腕に症状が出てきた場合などに、出来れば症状を隠したいと思う方も多いと思います。そのような時には半袖よりも長袖を着ることで、症状を隠くことが出来ますし、患部を保護する事にも繋がります。また、精神的にも安心するのでストレスが減ります。

さらにアトピーの症状が悪化した時に寒気を感じた事のある方はいませんか。その寒気は自律神経の乱れにより生じているものです。自律神経は規則正しい生活をしていれば時間と共に回復しますので問題ありませんが、それまでの間に長袖があると便利です。それほど高いものではないので、長袖も買っておくと後々役に立ちます。個人的には半袖よりも長袖が好きなので部屋着では年中長袖を着ています。

安いものを多めに

綿100パーセントのTシャツを探していると、ほとんどのものは1000円しない程度の安いものが多いのですが、中にはグンゼなどの下着メーカーが出している高級肌着や高級Tシャツがあります。肌触りは確かに良いのですが、アトピーの治療にはいろいろとお金がかかります。ですので、特段高いものを買う必要はありません。高いTシャツを2、3枚買うよりも、出来るだけ安い綿100パーセントのTシャツを1週間分(7枚)買った方がコストパフォーマンスが高いです。もちろん毎日洗濯するよっていう方は7枚もいらないと思うので、自分の生活パターンに合うような枚数分を買ってください。

サイズは大きめに

部屋着ですのでゆったりとしたサイズのものを選びましょうい。普段Mの人はXL、Lの人はXXLというように2サイズアップくらいがストレスを感じずに丁度良いです。あまりピチピチとしたサイズ感だと、つかれてしまうのでリラックスできるサイズ感を選びましょう。

おすすめの部屋着

個人的にはもうこれしかないだろと思っているのがユナイテッドアスレのTシャツです。

ユナイテッドアスレ 5.6oz

(ユナイテッドアスレ)UnitedAthle 5.6オンス ハイクオリティー Tシャツ 500101 002 ブラック L

 

特にこれといった特徴があるわけでもありません。上質な素材を使っているわけでもありませんし、特殊な効果を発揮するものでもありません。工場で作られている大量生産品です。それでも僕がこのTシャツをずっと思って愛用しているのは、着心地と丈夫さを信頼しているからです。

安心する着心地

はじめのうちは少し生地に硬さを感じるかもしれませんが、洗濯を重ねるごとに生地がクタクタになっていきます。クタクタなった、その気持ち良さと言ったら格別です。ボロボロになればなるほど着心地が良くなっていくので、捨てた方が良いのか、捨てずに使っていた方が良いのかと悩んでしまいますが、「部屋着だからボロボロでもいいでしょ。。」と自分を誤魔化してボロボロになったTシャツを好んで着ています。

5年以上着れる丈夫さ

ユナイテッドアスレのTシャツ素晴らしいところは着心地だけではなく、その丈夫さです。僕が今着ているもののなかで一番古いのは7年以上前のものです。流石に7年ほど着ると、糸がほつれたり小さな穴が開いたりしてきますが、部屋着と割り切ってしまえば全然着れるレベルだと思います。5年ほど着ているものは、特にダメージが見られるわけではなく外にでも来ていけるようなレベルです。これってすごくないですか。ほとんど毎日着ているのに、5年は余裕で持つのです。コスパ最高です。

色が沢山選べる

ユナイテッドアスレなどの無地Tの特徴は様々な色を選べることです。個人的には血がついても目立たないような、暗めの濃い色をおすすめします。どうしても寝ているうちに身体をかいてしまい、服が汚れてしまいますが、暗い色なら目立ちません。目立たないから汚いというわけではなく、どちらにせよ洗濯機で洗濯すれば血はほとんど取れるので、だったらストレスを感じない血が目立たない色を選んだ方が良いのではないでしょうか。インディゴやネイビー、グレーなど暗い色にも沢山の種類があるので自分が好きな色のものを買うことが出来ます。

安い

ユナイテッドアスレのTシャツは大体が1枚500円以下で購入することができます。1週間分の7枚をかっても3500円程度です。これで5年くらいはパジャマに困ることがないというのであれば全然安くないですか。お買い時だと僕は思います。

ユナイテッドアスレのTシャツいいですよ

今記事では僕が愛用しているユナイテッドアスレのTシャツをご紹介しました。もしよかったら使ってみてください。それでは!