アトピーと生活

ほとんど完治したアトピーの事を中心に

アトピー持ちが帰宅ランニングを1ヶ月続けてみた結果・効果

f:id:DHFclub:20191004075655p:image

こんにちは。今記事ではアトピーの僕が帰宅ランを1ヶ月続けてどのような効果があったのかをご紹介します。

僕が帰宅ランを始めた理由

今はアトピーがある程度落ち付いているので基本的にステロイドは使用していません。この数ヶ月でステロイドを使用したのは先週1週間くらいです。なぜ先週ステロイドを使用したのかというと長野に旅行に行っていたため、プロアクティブ治療として旅行の前後にステロイドを使用していました。旅行期間中にも多少症状は悪化しましたが、1週間以内に落ち着いていますので今はステロイドを使用していません。

脱ステロイドなどでステロイドを使用しない場合、よりステロイド以外で身体のケアをしないといけません。食事にいつもより気をつけたり、保湿に気をつけたり、運動をしたり、日々の生活の中で出来る事をより丁寧に行う必要があります。また、ステロイドを今まで使用していた人が脱ステロイドをすると、自律神経が乱れてしまう事があります。

自律神経の乱れを治すには規則的な生活が重要ですが、運動も自律神経を元に戻すには重要な役割を果たします。

そこで何か運動をしようと思ったのですが、日常的にしている運動は週末の登山くらいです。何か平日に気軽に出来る運動はないかいろいろ試して見たところ、最も簡単で最も楽に出来る運動がランニングでした。そして、僕の場合は家に帰ってから走るのが面倒だったので帰宅ランを選択しました。

帰宅ランを1ヶ月続けてみた結果

週4日のペースで1日5km走っていたので、1ヶ月の総距離は80kmです。目標は100kmですが、それは後々身体が動くようになってきてから距離を伸ばしていければいいと思っています。

肌がすべすべになった

帰宅ランを始めて、数週間した後から明らかに肌に改善がみられました。特に顔と背中の汗をかきやすい部分の肌が綺麗になり、触るとすべすべです。顔と背中にはステロイドを使用していないので、運動などの生活習慣だけで改善した事が分かります。

個人的には顔の赤みがなくなってきたのが嬉しいです。肌が健康になって厚くなればある程度の炎症であれば押さえつけることも出来るようになります。今後はその状態を目指していきます。

肌がすべすべになった理由としては、運動の発汗による毛穴の発達や、成長ホルモンの増加などが原因とあげられるかもしれませんが、個人的にはよく眠るようになった事が効果的だったのではないかと思います。

有酸素運動を行うと、メラトニンが生成されます。このメラトニンは質の良い睡眠に必要な物質なので、帰宅ランによる肉体的な疲れと、メラトニンの働きによって、痒みによって起きる事なく快眠できるようになりました。睡眠は大事ですね。

よく眠れるようになった

アトピーが良くなってきてからも時々睡眠の浅い時に頭が痒くなったり、身体が痒くなったりして起きる事があったのですが、帰宅ランを始めてからはそのような事が全くありません。というよりは10時過ぎになると眠くなってきてしまうようになりました。そのままベッドに寝転んでしまえば、朝まで目を覚ますことなく快眠できます。

朝も6時前に目がさめるようになったので、6時前に起きて家事や勉強などをする時間を作る事が出来QOLは確実に上がりました。

痩せた

ちゃんと体重も落ちました。始める前と後では3kgほど違いがあるのですが、見た目的にはほとんど変わらないので、これからもう少し絞っていきたいと思います。定期的に続けていれば小顔効果もあるそうなので、先ずは小顔効果を目指して頑張りたいです。最近顔がパンパンなので。。。

帰宅ランいいですよ

思っていたよりも帰宅ランの効果が出ていて嬉しいです。肌がすべすべになった事が嬉しいのでこれからも続けていきたいと思います。あとはなによりもランニングが楽しいという発見できたのが大きいのかもしれません。走っている途中には痒みも発生しないので、運動不足で悩んでいるアトピーの方、帰宅ランいいですよ。それでは!