アトピーと生活

ほとんど完治したアトピーの事を中心に

旅行でアトピーが悪化した場合の原因と対処法

f:id:DHFclub:20191002122821p:image

こんにちは。先週末から長野に3泊4日で旅行に行ってきたんですが、やはりアトピーが悪化しました。アトピーに多少の影響が出るのは想定内だったので悪化を最小限に抑える事が出来ました。特にショックを受けることもなく、家に帰ってきてから数日で治ったので、ある程度アトピーをコントロール出来るようになってきたのかなという感じです。ちなみに旅行中にはステロイドを使用しています。

旅行でアトピーが悪化する原因

なぜ楽しいはずの旅行でアトピーが悪化したのか考えてみましょう。

環境の変化

一番大きな理由は環境の変化だと思います。旅行で外を出歩いている間は特にストレスは感じていないのですが、ホテルの部屋に戻った時に感じる自分の部屋とは違うという環境の変化が多少なりともストレスになるのだと思います。

ホテルの部屋は清潔ですが、自分の部屋と湿度や温度が違うのでアトピーの方はその変化にストレスを感じてしまいます。普通の人にはわからないような変化でさえ、肌にはストレスになります。そのストレスによって自律神経が乱れてル事で痒みが発生します。

お風呂の温度

次に僕が毎回やってしまう間違いなのですが、旅行先の熱い温泉やお風呂に長時間入ってしまうことが痒みの原因になります。アトピー肌の方の入浴に適した温度は高くても40度以下です。個人的に肌に一切の刺激がなく、熱いと感じない温度が39度なので、家では39度のシャワーやお風呂に入っていますが、旅行先の温泉が40度以上の高温の温泉の場合でも入ってしまいます。決まってお風呂から出た後は火照りがなかなか治らずに、そのまま痒みに繋がってしまいます。

日焼け

今回の旅行は炎天下の下の川下り、野外音楽フェスという日差しが強い環境でのアクティビティがメインでした。もちろん、日焼け止めを入念に塗って挑んだのですが、それでも腕や首の背中側などは日焼けしてしまい、炎症を起こしてしまいました。日焼け止めをこまめに塗る事が出来ないような状況では別の日焼け対策も重要ですね。

あともう一点、唇が日焼けをしてしまいました。痒みはないのですが、違和感があります。唇には日焼け止は塗る事が出来ないので、リップクリームを塗っていたのですがそれでも日焼けを抑える事が出来ませんでした。

アルコール

旅行に行くとどうしてもお酒をいつもより呑んでしまうので、お酒によって温められた身体の痒みが夜には辛かったです。

対処法

基本的にはステロイドによるプロアクティブ治療です。上に書いたように僕の旅行の場合は以上のようなアトピー が悪化する原因があります。別の方にはそれぞれの悪化する原因があると思いますが、重要なのは普通に家で暮らしている時よりも悪化する可能性になる要因が多いという事です。

アトピーと長年付き合っている方ならば感覚的に旅行に行くと多少なりとも肌に影響はでるなと理解できるはずです。そのような時に有効なのがプロアクティブ治療です。症状は出ていないけれど症状が出そうだなと思った時からステロイドを使用し、症状が治まった後も数日間はステロイドを使用するという治療法です。

旅行に行く場合には旅行に行く前日くらいからステロイドを多目に使用していきます。そして旅行中は我慢することなく、アトピーに多少悪いことであっても遊び倒します。その後にきちんとケアをすれば問題ありません。

そのケアとはステロイドを1日に3回程度たっぷりと症状が出そうなところ、出たところに塗っていくだけです。ステロイドは他の薬と同じくらいには長期で使うには問題がありますが、短期間で大目に使うには問題ありません。旅行期間中にはたっぷりと保湿をし、ステロイドを塗る事で肌の炎症を抑える事が出来、旅行を楽しむ事ができます。

ステロイドは旅行から帰ってきても数日は使用して、肌の奥の炎症も治めてしまいましょう。炎症が消えて数日たったらやめてしまって構いません。良くなれば使わなくていいのが薬ですから。

家に帰って来てから1日休む

僕は長期の海外旅行などから帰ってきた場合、少なくとも1日家でゆっくりする期間を設けるようにしています。旅行での疲れを取るというよりは肌を落ち着かせるためです。

いくらケアをしていても、肌は荒れていたり、なんとなく違和感を感じる事になるので、そのような時には1日家でゆっくりと映画を見たり家事をしたりしている肌が落ち着いてきます。

ダラダラとする事でアトピーの肌が落ち着いてくるので会社や学校などの都合がつく方は是非1日は家でゆっくりする期間を設けてみてください。たった1日ですが大分良くなりますよ。

アトピーでも旅行は楽しめる

アトピーのだと少し内向的になってしまいがちですが、内向的になる必要なんてありません。そんな事を気にしないで遊びたいだけ遊べばいいのです。ストレス発散にもなりますし、リフレッシュにもつながります。ただその前後に重点的にケアをしてあげるのを忘れないで下さいね。それでは!