りんご音楽祭2019 2日目

りんご音楽祭2019 2日目の感想

1日目は毎年のようにスタッフの段取りがDOPEで開演10分前にステージの会場という鬼のようなマネジメントだったのだけれど2日目はステージ会場が1日目より30分も早い。学びとかソリューションとかではなくて、みんな30分早くきて準備したのだと思う。ヒップホップでそういうことでしょ。

むぎ(猫)

沖縄から来た猫のむぎが青春パンク、メロコアを歌うキュートなヘッドライナー。これがりんご音楽祭でしょという感じがしてとても良かった。

CHAI

客席は大混雑。世界レベルのお洒落。SXSW出演をプロフィールに入れるアーティストは多いけれど今のポップシーンでCHAIほどSXSWが似合うバンドいないと思う。ポップなサウンドにキュートなボーカルって、これを超えるのは大変でしょガールズバンド。

呂布カルマ

数年前に見たときは奥さんが途中で「ガラ悪すぎ」と悪態をついていたけれど、今年も勿論ガラは悪い。MCはさすがプロフェッショナル。ラップがうますぎる。聴きやすく、意味もテーマも全てを届けてくれる。ディープなアングラサウンドにかっちりとしたフロウでもちゃんと踊れるし楽しくもなる。ステージに現れた瞬間から左手にMIC、右手に春に拾った木の皮というスタイル。ラップっていうのは結局スタイルウィーズなら呂布カルマがクリティカル。惚れちゃう。思っていた5億倍良かった。

SANABAGUN.

レペゼンゆとり世代。りんごステージでCHAIと同じかそれ以上のオーディエンスの数。ジャジーなロックはどうあがいても踊らずにはいられない。ラストソング『人間』でりんごステージのおじさん達がが「休みは働くためのものじゃない!」とキラキラとした笑顔で叫んでいたのは業を感じた。『シャタファカみなさん』も聴きたかったけれど今回は持ち越し。初めて見たけれど最高。

RICCHO(RITTO&CHOJI)

Olive oilからの流れのRICCHO。音源初めて聴いたけれどとても良い。踊れる。アクの強さで共演者を喰っちゃう印象のRITTOをCHOJIのGAPPERっぽいクラシカルな懐の深さが包み込む。RICCHOもいいんだけれど、CHOJIのアレはまだかなと思いながら待っていると例のイントロが流れる。その瞬間にオーディエンス歓喜。ワールドカップのスクランブル交差点かと思うほどの歓声がCHOJIに向けられる。りんご1の歓声とともにガンジャアンセム『バッズマン』。全員大合唱でめちゃくちゃ笑って、こんなにみんなを楽しませてくれるなんてさすがバッズマン。マジのヒーロー。

STUTS

機材トラブルもあったけれど可愛い。良い子。絶対に悪いことしないで欲しい。

曽我部恵一

りんご音楽祭2019で断トツのベストアクト。というよりも最近の曽我部恵一でもダントツのライブ。前日まではゆるふわギャングと迷っていたけれど、今の曽我部は今しか見れない。ゆるふわは数年後もゆるふわとして存在している気がするけれど、曽我部はマジで今しかない。あと数年したら演歌とか歌っている可能性がある。曽我部の今は今以外存在しないという事に気付き、曽我部恵一を選択。結果大正解。曽我部が最近ハマっているラップではなく、シンガー曽我部恵一。高音が長野の森に溶け込んでいくようで本当に良かった。弦が2本切れても「弦なんて2本あれば問題ないよ!」と言い放ち何も無かったようにライブを続行。ここまではいつも通りなんだけれど、さらに弦が切れる。弦が切れた瞬間にギターを放り出し手拍子+アカペラでライブを続ける。それも心の底から楽しんでいるのが伝わってきて泣きそうになる。ここまで素直に音楽を楽しむ事が出来るって曽我部の一番の才能でしょ。「最近毎日ライブしてるよ。最高」と言い放った時の笑顔も子供のようにキラキラとしていた。友人が「曽我部だからって何をしてもいいってことじゃないんだぞ」と言っていて笑う。今回の曽我部恵一は僕が勝手に付けている曽我部評価基準では「外れ曽我部の大正解」の日でした。長生きしてくれ。

Have a nice day!

曽我部の後っていうのもあり可哀想なボーカル。チャラくてダサい。さようなら。おやすみなさい。

クリトリック・リス

f:id:DHFclub:20191006221722j:image

まさかの大トリがスギム。メインステージのはずがライブの始まりはサブステージ。今年もサブステージなのかと思いながらスギム親衛隊の近くでライブをみていると、スギムが親衛隊に向けてステージからダイブする。これは!と思いながら親衛隊達とスギムを担いでいくと、勿論行き先はメインステージ。メインステージに降り立った瞬間の「俺のステージはここや!」。魂が震える。親衛隊がサブステージからスギムをメインステージに運んでいくってこんな素晴らしい演出がこれ以上この世にあるのかと思った。彼らの愛がいろんな方面に届いているんだなと感慨深い。スギムも親衛隊もみんな嬉しそうで良い。愛どんもコーラスで参加。サブステージの王様がメインステージの王様になった記念碑的なライブだった。最後はアンセムOasisを全員で歌い大団円。50歳になるそうです。おめでとうございます。

2日目

曽我部さん、スギム、CHOJIの異種格闘技戦の世界大会のような1日だった。