アトピーと生活

ほとんど完治したアトピーの事を中心に

アトピー対策としてランニングの他にも腹筋を鍛えるアブローラーを始めた

f:id:DHFclub:20190926131045p:image

こんにちは。今記事では僕がアトピー対策にしている室内で簡単に出来る筋トレについての記事です。

アトピー対策として平日に帰宅ランをするようになってから、肌の具合が良いのでもう半年以上続けているのですが、最近はランニングに加えて室内で出来る筋トレを始めました。まだ数週間ほどしかしていないので、正確な効果はわかりませんが結構おすすめですよ。

筋トレをする理由

僕が今までしていたランニングは有酸素運動です。有酸素運動というのは体内に酸素を取り込んでそれをエネルギーとして使用する運動の事で、ランニングやスイミングなどのゆっくり長時間行う運動のことを指します。脂肪を燃焼させるには有酸素運動が効果的とされています。

次に僕が始めた筋トレ(アブローラー )は無酸素運動です。無酸素運動は脂肪をさせるのではなく、体内の糖質を燃焼させてエネルギーに使います。有酸素運動のように酸素を必要としないため、短期間的にしか運動出来ません。筋トレ全般(腹筋や腕立て伏せ等)がこれに当たります。

基本的にこの2つを組み合わせることによって運動の効果は大きくなります。有酸素運動では脂肪を燃焼し、無酸素運動ではその脂肪を燃焼させるための筋肉を鍛える事ができます。

どうせ運動をするのならより効果的に成果を出した方が良いに決まっているので、短時間で済みほとんど生活に負担のないアブローラーを追加しました。

アブローラーの使い方

アブローラーには良く「膝コロ」と「立コロ」があると言われていますが、膝をついてアブローラーをコロコロする「膝コロ」が初心者には向いていると思います。特に僕は筋肉少ないので無理をしない範囲での膝コロをしています。

膝コロも無理矢理距離伸ばす必要がないので、腰が反らないような距離で負荷をかけるだけで十分です。腰を反ってしまうと腰に負担がかかり腰を痛めることにつながりますので気を付けてください。

筋トレ(アブローラー )の効果

筋肉量があがり基礎代謝が上がるので、肌のターンオーバーも乱れなくなり、健康な肌を手に入れる事ができます。

また、無酸素運動をすることで成長ホルモンが分泌されるようになり、肌の補修にも効果があります。また精神的に安定させるなどメンタル面にも作用するのでアトピーでおち込んでいる方にはおすすめです。他にも無酸素運動をすることによって生成されるホルモンには幸福ホルモンと言われるセロトニンがあり、ストレスを緩和させる役割を持っています。さらにこのセロトニンはよい睡眠に必要なメラトニンを生成する事につながりますので、アトピーで安眠出来ない方には安眠効果もありおすすめです。

もちろん本来の筋トレの効果もあるのたるんだお腹を引き締めることもできますよ。無酸素運動で筋肉量を増やしておくと、有酸素運動であるランニングもそれほど疲れずにする事が出来るので、アトピー対策としてランニングをしている方は無酸素運動もおすすめです。

アブローラーの便利な点

無酸素運動はアブローラーの他にも腕立て伏せやスクワットなどいくつもありますが、個人的にはアブローラーをおすすめします。

おすすめできる理由としては簡単に始めることが出来るという事。Amazonで安いアブローラーを買えばそれだけで届いたから筋トレが出来るようになります。アブローラー自体には特に良し悪しがないので一番安いものを買う事をおすすめします。

手軽に買う事も出来れば手軽にアブローラーをする事が出来るのも優れた点です。精神的なハードルが少ないので継続してする事が出来、習慣化しやすいのが特徴です。僕は大抵ドラマやアニメを流しながら、音声で気分を紛らわしながらやっています。器具を使う分効率よく負荷が掛かるので、腕立て伏せや腹筋よりも簡単に行う事が出来ますよ。

筋トレをする時間と頻度

アブローラーは筋トレ愛好家の方にも好まれていますが、筋トレを真剣にやっている方は筋肉の超回復を待ってから次のトレーニングを行う方が多いので、頻度としては週に3回程度で充分なようです。

ですが僕は毎日するようにしています。その理由としては筋肉よりもホルモンの生成が重要だと考えているからです。健康にはある程度の筋肉は必要だと思いますが、それよりもアトピーに効果があるのはホルモンの方です。成長ホルモンやセロトニン、メラトニンはアトピーによる精神的な不安感や落ち込みを減少させてくれますし、筋トレを行った日としていない日では眠りの質が違います。ぐっすり眠ることはアトピーにも有効です。

さらに毎日行う事によって習慣化することができます。実は以前にも筋トレに挑戦した事があるのですが、その時は週に3回程度でしたので習慣化することができませんでした。今は毎日行うことで自然と生活のルーティーンの中に組み込まれているので継続してすることができています。

僕が生活の中でするタイミングは、仕事などから家に帰ってきてすぐです。帰ってきてすぐにお風呂に入る方も多いかと思いますが、その間に入れ込むイメージです。そうすることで部屋に帰ってきた安心から副交感神経が過敏になり痒みが発生する状況を誤魔化すことが出来ますし、すぐに汗を流すことで痒みの防止にも繋がります。

無理のない程度で身体を動かそう

僕は今ステロイドを使用していないので、ステロイド以外のところで肌をケアする必要があります。そのため健康には気を使って生活していますが、アブローラーは生活の中にも取り込みやすくおすすめの筋トレ方法です。地味に翌日腹筋に筋肉痛のような痛みを感じると嬉しくなるくらいにはハマってます。アトピー対策も兼ねて引き締まった身体を目指しましょう。楽しいですよ!それでは!

超 筋トレが最強のソリューションである 筋肉が人生を変える超・科学的な理由

超 筋トレが最強のソリューションである 筋肉が人生を変える超・科学的な理由