国分寺・Sincerity『杏仁豆腐』

国分寺に最高に美味しい中華料理屋があるとの情報を得たので、友人も誘って国分寺のSincerityという名の中華料理屋に行ってきた。中華屋に行くには出来るだけ人数が多いように調整する。このSincerity、何しろ食べログの評価が嘘のように高い。こんなに皆んなが褒め称える中華屋なんてあるのかよと思っていたのだけれどもうずば抜けて史上最高に美味しい中華料理屋でした。

地球で最も濃厚なババロアのような杏仁豆腐

メニューを開くとSincerityの素晴らしさに先ず遭遇する。気が遠くなるほどの膨大なメニューの量なのだ。しかもこの中からどれを食べても美味しいのだから頭がおかしくなる。どれを食べても美味しいのならもはや何も選ばないでも美味しいのではないか。このままメニューを閉じ、席を立って帰り道の銭湯でサウナで整え、家に帰ってベッドに寝っ転がり、Netflixを見ながら寝落ちしても翌朝起きた瞬間に美味しさを感じるのではないかと思えるような、それほどどのメニューを選んでも美味しいのだ。その膨大なメニューの前で悩んでいても何も始まらない。親切な店員さんに訪ねれば詳しく、とても分かりやすく説明してくれる。

f:id:DHFclub:20190922093511j:image

今回僕達が頼んだのは、黒酢の酢豚や麻婆豆腐、回鍋肉という定番メニューだったのだけれどどれを食べてもめちゃくちゃ美味しい。特に美味しいのが花椒がピリッと効いた麻婆豆腐。この時点で間違いなく今中央線沿線でいちばん美味しい中華であることは間違いないのだけれど、杏仁豆腐がそれに畳み掛けてくる。

f:id:DHFclub:20190922093244j:image

デザートの欄に「杏仁豆腐」と「4倍杏仁豆腐(1人用)」が共存する謎のメニューに首を傾げながらもとりあえず「杏仁豆腐」を注文する。これがもう本当に信じられないくらい美味しい。品の良いバニラアイスクリームのようなその見た目の通り、ババロアのような濃厚で甘い杏仁豆腐。それでいて後味はちゃんとさっぱりとしてスッキリ。一口食べた瞬間に「4倍杏仁豆腐(1人用)」の意味を理解する。これはどう考えても4倍を頼むべき杏仁豆腐だった。4倍でもすぐにぺろっと食べてしまう。杏仁豆腐ってこんなに美味しいものなのかという衝撃。これは本当に食べて欲しい。杏仁豆腐ってこんなにタイピングしたの始めてだよ。

お会計を済ませてお店を出る前に、厨房からオーナーが顔を出して「ありがとうございました。おやすみなさい。」と声をかけてくれる。惚れました。通います。