アトピーと生活

ほとんど完治したアトピーの事を中心に

アトピーで皮膚科に通う場合のおすすめの病院の選び方

f:id:DHFclub:20190909170510p:image

こんにちは。本記事ではアトピーなどの肌のトラブルで皮膚科などの病院に通院を考えている方に向けて、病院を選ぶ際に気を付ける事、おすすめの病院の選び方をご紹介します。悩んでいる方がいれば是非参考にしてみてください。

僕は今まで引越しも多かったため、いくつもの皮膚科に通いました。本当に悪化していた時などは車で片道1時間以上かかる有名なアトピー治療の名医と言われるような先生のいる病院まで通っていたこともありました。ですが最終的には名医でもなく、有名でもなく、普通の皮膚科に通うことが一番自分にとっては良いと思い、今では駅ビルの中に入っているような普通の皮膚科に通っています。その理由を説明していきます。

皮膚科に何を求めるのか

先ず前提条件として皮膚科にどこまでを求めるのかであなたに必要な病院のランクが決まってきます。

アトピー治療に特化した有名な名医に見てもらいたい場合はネットなどで検索すればどの都道府県にも有名な医師はいるので、そこに通う事もできます。さらに都心部の場合では、大学病院などの専門的な機材を用意している病院も多くあり、時間もお金もあるような方は大規模な私立の大学病院に行くのも良いでしょう。

ですが現実的にアトピーの方は通院費意外にも日々のケアや食事などで普通の人よりも出費が多くなってしまう事が多々あります。ですので、出来れば安く通常の保険適用内の料金で診察を受けたいと思いますよね。

そのような方というか、僕も含めて大多数の方は通常の皮膚科を専門で行なっているような小さなクリニックに行かれる事が多いと思います。

このように病院にはいくつものタイプがあって、自分がどのタイプの病院に行きたいのかを自分で決める必要があります。僕の場合は経済的な理由と、医者は基本的にどこの病院に行っても同じ対応しかしないという考えがあるので、一般的な小さなクリニックに通っています。この記事では一般的なクリニックが合っていると考えている方向けの病院の選び方を紹介していきます。

おすすめの病院の選び方

f:id:DHFclub:20190909170533p:image

僕が現在通っている皮膚科は都心部の駅ビルに入っている新しくもなく古くもなく、なんの特徴もない普通の皮膚科です。ですがこのような皮膚科が僕には一番合っているなと思うのです。それはなぜでしょうか。僕がなぜ駅ビル内の普通の皮膚科をおすすめするかを説明します。

自宅の近くよりも職場の近くの病院に行こう

f:id:DHFclub:20190909170715p:image

家と会社の通勤時間は平均1時間程度だと思いますが、多くの方は自分の家に近い病院に通院していることが多くあります。自分の家に近い病院に通うメリットは家で悪化した時に緊急時にでも行くことはできる事や、会社の場所が移動した場合でも今まで通りの皮膚科に通院することができるという事が挙げられますが、それは本当にメリットになるでしょうか。アトピーが自分の家にいる時に急に悪化する事ってそこまで多いでしょうか。また仕事場がそこまで急にいくつも変わることがありますでしょうか。働き方が多用しているのでそのような方も多いと思いますが、今でもそのように働いている人は多くはありません。多くの方が同じ会社にずっといることになると思います。そう考えると、果たして自宅の近くの病院に通うことがメリットなのかも分からなくなってきます。

その点、会社の最寄駅の皮膚科であれば、会社に行く平日に気軽に行くことができます。仕事帰りにも、お昼休みにも受診する事ができるのです。これはとても便利で、時間の節約にもなります。

また病院の営業時間は大体平日は18:00くらいまでのところが多く、平日に薬がなくなったからという理由で気軽に行くことがなかなか出来ません。会社を17:00に出ても電車に1時間ほど乗って、最寄駅に着くのが18:00を過ぎてしまい、病院診察時間に間に合いません。そのため僕は病院に行くためだけに時々時間給を取得していました。ですがやっぱり勿体ないですよね。また仕事の関係でそんなに頻繁に時間給が取れる方も多くないと思います。

その点職場に近い病院なら、もし18:00まででも17:00に仕事を終えれば確実に受診することができます。アトピーは悪化の前兆が見えたらすぐに病院に行くことが重要です。また薬が無くなってしまうと精神的不安になる方も多いかと思います。ですので、いつでも気軽に行くことが出来るという職場近くの病院はおすすめなのです。

また、職場近くの病院に行く場合は基本的に平日に行くことになるので、休日に病院に行くことでせっかくに休みを無駄にしてしまうという事も減るかと思います。僕も以前は土曜日の午前中に病院に行かないといけないという生活をしていたので、丸々2日楽しむことが出来ませんでした。ですが今は休日に病院に行く必要もなくなったので、休日を満喫できるようになりました。午前中は爆睡している事が多いのは秘密にしておきます..。

予約が可能かどうか

f:id:DHFclub:20190909170500p:image

次に重要なのが予約が可能かどうかです。最近では予約のできる病院も増えているのですが、昔からの病院などでは出来ないところもあるので注意が必要です。また電話での予約が苦手な方はメールやネット経由で予約をする事が可能なサービスも最近では沢山ありますので、そのようなサービスに対応しているかも確かめておいてください。絶対に予約は必須です!皮膚科で数時間も待っているだけなんて時間が勿体無いですからね。その待っている時間にいろいろ考えてしまったりストレスを感じてしまっては病院の意味がないので、自分がストレスを感じないような予約サービスを提供しているところを選ぶようにしましょう。

診察無しの薬だけの処方は可能か

これはあなたが皮膚科の先生に何を求めているかによるのですが、取り合えず薬だけ貰えれば問題ないという方は診察無しでも薬の処方箋だけ対応してくれるかどうかは確認しておいたほうが良いでしょう。

僕は個人的に症状が急激に悪化した時や、始めての場所に症状が出た場合、その症状自体が始めてだった場合にだけ診察を受けることにしています。大体アトピーの症状ってそこまで急に変わる事もないですし、大体のアトピー持ちの方は自分の体について詳しく知っているのです。しかも先生の診察も多くの病院の場合で同じことをいうだけのパターンが多いですよね。今通っている病院はとても親身になって対応してくれるので信頼していますが、それでも年に2回くらいしか診察は受けていません。それ以外は基本的に処方箋だけもらっています。

なぜかというと、やっぱり処方箋だけだと時間が短くて済むんです。大体10分程度で病院を離れることができるので時間の節約につながります。ですのでアトピー歴が長くてある程度落ち付いている方、自分の症状に詳しい方などは診察を受けずに処方箋を貰うだけという病院との付き合い方も選択肢には入れておくべきです。

ちなみにその病院が処方箋だけの対応をしtうぃるかどうかは受付の方に電話で伝えれば教えてくれますのでどうか参考にしてください。

人気で混み過ぎていないか

僕も以前は名医とネットで人気に高い先生のところに通っていた時期がありましたが、病院が混み過ぎているのがストレスでした。というのも、予約も1ヶ月先しか取れず、人気も高く常に混み合っているので自分の体調がわるくなっているときに病院に行って診察してもらう事が出来ませんでした。繰り返しになりますがアトピーは前兆が出てきた段階で対応をするのが効果的です。ですので数ヶ月先しか予約できずに、待ち時間も長いというような病院はお勧めできません。

街の小さなクリニックであれば固定患者は付いていても1週間後には予約できることがほとんどですし、予約しない場合でも当日急に行って診察を受けることができます。この時に対応が遅れてしまうとより悪くなってしまうこともあるので、いつでも行くことのできる病院を選びましょう。

まとめ

今記事では僕が病院を選ぶ時に考えていることをご紹介しました。僕のおすすめは職場近くの街のお医者さんです。病院選びで悩んでいる方がいれば参考にしてみてくださいね。それでは!