アトピーと生活

ほとんど完治したアトピーの事を中心に

春になると花粉症で頭皮や顔が痒くなるのはなぜ?おすすめの対処法も紹介!

f:id:DHFclub:20190908210353p:image

こんにちは。今記事では春になると肌だけではなく頭皮が痒くなってしまう方に向けて、その理由とおすすめの対処法をご紹介します。

春になると花粉症でアトピーが悪化してしまう方も多いかとおもいます。僕がまさにそうで、花粉症によるアレルギーで身体中が痒くなってしまいます。顔は赤くなるし、肌も炎症で乾燥するし、頭皮も痒くなってしまいます。またアトピーではなくても花粉症の時期になるとかゆみが出る方も多いんですよね。ではなぜ花粉症の時期になると体や頭皮が痒くなるのかをご説明します。

花粉症で肌まで痒くなる理由とは

花粉症の症状と言えば目のかゆみや花のムズムズですが、意外に多いのが首から上の肌の痒みと頭皮の痒みです。

目や鼻などの花粉症は花粉が目や鼻に入り込んでアレルギー反応を示して痒みを発生させますが、肌の痒みも同じです。肌の中に花粉が入りこむことによってアレルギー反応を起こしてしまうのです。ではなぜ肌に花粉が入り込んでしまうのでしょうか。それは、肌が乾燥しているからなのです。

水分量を十分に保って健康な肌の場合、肌にまで花粉が入りこむことはそこまで多くありません。ですが、乾燥している肌の場合は顕微鏡などで拡大してみると、健康な肌のように密閉されておらず、めくりあがっている部分をみることができます。このめくりあがっている部分から花粉は侵入し、アレルギーを引き起こすのです。僕は毎年花粉症の時はアトピーが悪化するので目や鼻による花粉症のアレルギーが顔や他の痒みも引き起こすと思っていたのですが、実際は肌に直接花粉が付着して痒みが起きていたのです。

頭皮の場合も同様に、頭皮の肌が乾燥していたり、脂漏性湿疹やアトピーで肌が荒れている場合、花粉が頭皮に入り込み痒みを発生させてしまうのです。また、頭皮の場合は他の部位とは違って髪の毛に覆われていることも重要です。花粉は髪の毛に付着しやすいので、髪の毛に付着した花粉が頭皮にまで入りこむという事もあります。さらに2月は気温も高くなっており、頭皮も汗をかく季節です。汗をそのままにしておけば雑菌が繁殖し、痒みを発生させてしまうので、春になると頭皮の痒みに悩ませられる方は特に頭皮のケアが必要になってきます。

おすすめの予防策

では花粉症の季節に肌を悪化させないためにはどうすればいいのでしょうか。予防策と実際に痒くなってしまった時の対策をご説明します。

乾燥・日焼け対策をしっかりとする

f:id:DHFclub:20190908211000p:image

先程も説明したように、乾燥のしていない健康な肌であれば多少の花粉が付着したとしても、花粉は肌の表面で止まり、顔や頭皮が痒くなる事はありません。ですので最も大切なのは乾燥対策です。ただでさえ乾燥する季節なのでおすすめなのはセラミドが含まれている化粧品などで保湿をする事です。アトピーや乾燥肌の方には肌にセラミドが足りていない事が多く、セラミド入りの保湿剤が有効です。

頭皮の保湿対策もしっかりと

体や顔には保湿対策をしっかりとする方も多いですが、意外に頭皮の保湿をしっかりとしている方は多くないのです。お風呂上がりにちゃんとドライヤーで髪の毛を乾かして、適切な保湿対策を行うことが重要です。

頭皮の保湿対策でおすすめなのがキュレルの頭皮用のローションです。ノズルが髪の毛をかいくぐって頭皮に直に触れる形状なので、効果的に頭皮に保湿することができます。今のところ頭皮の保湿ローションとして選択肢にあがるものはキュレルのものしかないので、マツモトキヨシなどでも購入することができるキュレルの頭皮ケア用のローションをおすすめします。

キュレル 頭皮保湿ローション 120ml

キュレル 頭皮保湿ローション 120ml

 

日焼け対策もしっかり

次に日焼け対策です。意外に思うかもしれませんが2月や3月は紫外線がとても強く、肌が乾燥する事がおおいのです。日焼け対策といっても日焼け止めを塗れば十分対策になります。ただここで気をつけないといけないのが、オイル状の日焼け留めでは花粉の付着を促してしまい、逆に痒くなる事が多いのです。ですので出来れば日焼け留めやオイル系の化粧水なども塗った後にはベビーパウダーなどのパウダー状のもので表面をサラサラにしてあげる事が重要です。女性の場合はパウダー系のファンデーションで対応する事ができますが、男性の場合はベビーパウダーなどを軽く叩く事で代用できます。

ジョンソン&ジョンソン ベビーパウダー プラスチック容器 140g

ジョンソン&ジョンソン ベビーパウダー プラスチック容器 140g

 

帰宅後すぐにお風呂に入る

f:id:DHFclub:20190908210651p:image

ついつい外から帰ってくると部屋のソファやテーブルで一休みしてしまいますが、この一休みが体の痒みを助長させてしまいます。自分の部屋に帰ってきたというリラックスで副交感神経が刺激されて痒みも生じますし、花粉症の時期であれば花粉が皮膚や髪の毛についた状態で部屋の中にいる事になります。これは花粉を室内に持ち込むことにもなりますので絶対にやめましょう。

帰宅後にすぐにお風呂に入ってしまえば副交感神経が刺激されて痒みが出ることも抑えられますし、皮膚や髪の毛についた花粉を洗い流す事もできます。この時にできる限り頭皮に刺激の少ないシャンプーを使うようにしましょう。ただでさえ頭皮が乾燥する季節ですので、肌が炎症している場合もあるので、肌の状態にあったシャンプーを使うようにしましょう。

多少乾燥して痒みがある程度であれば市販のシャンプーで問題ありません。おすすめはキュレルの低刺激シャンプーでしょう。トリートメントもセットで買って使えば安心です。薬用シャンプーのメディクイックシャンプーHもサッパリとした使い心地で痒みを軽減する事ができるのぜおすすめです。

肌が炎症を起こしてリンパ液が出ている場合は、花粉症の合併症として脂漏性湿疹などの菌由来の症状が出ている場合もあります。そのような場合には、市販薬ではなかなか対処するのが難しいのでコラージュフルフルなどの通販や専門サイトで買うことの出来る殺菌能力が高く、肌への刺激が小さいシャンプーを使うようにしましょう。ただコラージュフルフルは殺菌作用が強く痒みの軽減にもとても有効なのですが、女性の場合にはノンシリコンシャンプーのmogansもおススメです。@cosmeでもレビューランキングの上位を獲得している商品で乾燥対策と髪の毛のケアまで出来る商品は今まであまりなかったので、女性の方からは人気が高いです。

オーガニックオイルには注意が必要

ホホバオイルやひまし油など、天然由来の成分を原料としたオーガニック系オイルが乾燥の時には有効ですというインターネットのレビューなどをよく見ますが、花粉症の場合には注意が必要です。天然オイルはたしかに安全性も高く、殺菌能力も高いことから肌のケアには有効ですが、花粉症などでアレルギー反応を示してしまう人の場合にはオーガニックオイルの植物成分にもアレルギーを示してしまう可能性が多いです。僕もネットでホホバオイルが有効だという記事を読んで過去に試したのですが、痒みが収まらずに真っ赤になってしまった事があります。試してみようと思う方は一度腕などでパッチテストをしてみることをお勧めします。

既に痒くなってしまった場合は?

今まで説明してきたのはあくまで予防策です。では実際に炎症を起こして痒くなってきてしまった場合はどうすればいいのでしょう。

塗り薬・飲み薬が有効です

f:id:DHFclub:20190908210837p:image

先程まで説明してきた予防策は継続して行うことは前提ですが、実際に痒みが出てきている場合には薬用の薬を服用することが有効です。一度炎症を起こしたり乾燥してしまった肌には、花粉がより入り込んでしまうのです。そうなってしまうと完全に悪循環に入ってしまうので、そうなる前に健康な肌に薬を使用して戻してあげる必要があります。

出来れば皮膚科で薬を処方してもらって欲しいのですが、なかなか時間が取れないという方は市販薬でも代用は可能です。ですが病院に行けば保険も適用され、市販で買うよりも随分安く買うことが出来るのも事実なので、気を付けてください。

市販の飲み薬でおすすめなのが抗ヒスタミン剤と言われる、アレルギー反応による症状を緩和する薬です。有名なものだとアレグラなどがあります。最近ではネットでも買うことができるので時間のない方にはおすすめです。

【第2類医薬品】アレグラFX 28錠 ※セルフメディケーション税制対象商品

【第2類医薬品】アレグラFX 28錠 ※セルフメディケーション税制対象商品

 

次に塗り薬ですが、顔の炎症はステロイドが有効です。ステロイドについてはネガティヴな考えを持っている人も多いですが、短期間で肌を健康な状態に治す事ができるのはステロイドだけです。使用を長引かせずに、短期で集中的に使用すれば副作用の心配もほとんどないので安心してください。市販薬で顔用のステロイドではキュレアが最も使いやすいのでおすすめです。

【第2類医薬品】キュアレアa 8g ※セルフメディケーション税制対象商品

【第2類医薬品】キュアレアa 8g ※セルフメディケーション税制対象商品

 

頭皮にもステロイド剤を使用することができます。頭皮には頭皮のローションを使う必要があますが、市販で購入できるものでもなかなか種類がありません。僕が良く使っていたのはAmazonで購入する事ができるエフカイEX液です。ドラッグストアで購入する薬よりもよく効くのでおすすめです。

まとめ

今記事では花粉症によって生じる頭皮や顔の赤みの原因と対処法について説明しました。困っている方がいれば是非参考にしてください。何か質問等があればコメントください。それでは!