国立「台形」のディナーコース

f:id:DHFclub:20190903001033j:image

結婚記念日に何をしたらいいのか分からなかったのでとりあえず食事に出掛けることにした。上田のfikaみたいな場所が東京にもあればいいのにとか、そのようなことを考えていてたどり着いたのが家からすぐの「台形」という小さなビストロというお店で、とても良かった。台形のお店の事は様々なウェブサイトで取り上げられているのでそれらを見てもらえれば良いと思う。

小さな店内にテーブルは3つ。それぞれに2脚の椅子が収まっていた。最も印象的だったのが、お店の方の丁寧な料理の説明で、その説明を聞きながら見るお皿の上の料理はとても貴重ななにかのように思えた。どれだけ言葉に出来るかで、どれだけの愛を込めたのかが分かる。

f:id:DHFclub:20190903001011j:image
f:id:DHFclub:20190903001017j:image
f:id:DHFclub:20190903001020j:image
f:id:DHFclub:20190903001007j:image

料理はもちろんどれも美味しくて、それにとてもボリューミーだった。途中でお腹いっぱいになりつつも、新しいお皿が運ばれてくるとどうしたってスプーンですくって口に運んでしまう。少し特別な日や、全く普通の日にでも何を気負わずに通うことのできるお店で、こういうお店がもっとたくさん出来ればいいのになと思う。

台形