生活.com

お役立ち情報と生活

なぜ2019年10月22日は即位礼正殿の日で祝日なの?

f:id:DHFclub:20190826124259j:image

新天皇が即位され年号も平成から令和に変わりましたね。おめでたい事ですが、実際に僕たちの生活に最も関係のある休日について興味がある方も多いと思います。この記事では2019年の即位の儀に関わる祝日と2020年以降の休日について説明します。

新天皇の即位に関わる一連の儀を「即位の儀」と言いますが、この「即位の儀」は2019年の1年間を使って行われます。その中でも重要な5月1日の「天皇即位の儀」と10月22日の「即位礼正殿」は国民の祝日となり、休日なります。

2019年10月22日は祝日なので休日です

2019年10月22日は新天皇の即位を祝う「即位の儀」の中でも重要な式のひとつ「即位礼正殿」が執り行われる予定です。この即位礼正殿が開催されるため、祝日となり休日になります。

来年2020年10月22日も休日?

今年が祝日だと来年も期待してしまうのですが、今のところ来年2020年の10月22日は平日として、普通の日になるようです。

つまり10月22日が祝日なのは2019年だけの特例という事です。これは5月1日も同じで、2020年以降は平日になります。

即位礼正殿とはなに?

新天皇が即位したことを国内外に示す事を目的としています。イギリス王室などの世界の王室や、ローマ法王なども王様が次の王様に冠を引き継ぐ式を盛大に執り行いますよね。意味としてはそれと同じようなイメージです。

また、説明からもわかる通り、日本国内だけではなく世界的に重要な式になりますので、各国の大統領や王室なども来賓として参加することになります。

世界中の国の代表が集まるわけですから、代表だけではなく幹部やセキュリティスタッフなど多くの人が東京に集まる事になりそうです。

5月1日の「天皇即位の日」と10月22日の「即位礼正殿の日」の違いは?

「即位の儀」の中には多くの出来事があって、違いがわからなくなりますよね。

天皇即位の儀はその名の通り、新天皇が即位をする日です。儀式的な意味合いが強く、厳粛な空気の中で執り行います。

即位礼正殿は、5月1日に即位した新天皇を国内外に示す事を目的としています。諸外国から多くの人々を招き祝い事として執り行われます。

僕たちに身近な結婚で例えると、役所に書類だけ出して形式上は夫婦になる結婚届の提出が「天皇即位の日」で、夫婦になりますよという事を家族や知人に伝える結婚式が「即位礼正殿」という事ですね。

即位礼正殿の日はなぜ10月22日?その理由とは

即位礼正殿は先ほども説明したように、日本国内だけの話ではなく世界的に重要な式になります。ですので日程についても日本国内だけで決めるのは難しく、諸外国の政府職員と情報共有をして調整した結果10月22日になったと言われています。

宮内庁としての正式な理由は未だ公表されていませんので、本当の理由を知る事が出来るのは情報公開請求の対象となってからになるのでしょうか。

まとめ

2019年10月22日の「即位礼正殿」が執り行われる日は祝日ですが、2010年以降は残念ながら普通の平日になりますので皆さんお気をつけて下さい。