台湾旅行きっかけに今後やるべき事を考える

台湾旅行に行って今日日本に帰ってきた。記録的なことは別に書き残すとして、今後どうするべきか的な感じた事、考えた事を残しておきたい。旅に行くと人生観変わるからみたいなワードはもう随分前から聞かなくなったけれど、旅に行って人生観が変わるのではなく、その旅の中にいる自分の無力さを実感する事でみんないろいろ思うことがあるのだと思う。どこに行って何を見るかとかではなくて自分が本来いないところに自分を置く事で、最も弱い存在となる事で、どうやってこの世界をサバイブするかみたいな事を本能的に考えるようになるのだろう。今回主に考えたのは3つで、お金を稼がないとどうにもならないという事と英語を話せないとどうにもならないという事と、好きな人がいないと意味がないという事でした。

お金について言えば出来るならばお金の事を考えずに生きていきたいと思っている。日本はお金について学ぶことが他の国や地域よりも遅れているとは言われているけれど、お金が卑しいという事よりも、僕はお金に重きを置きたくないと考えて生きてきた。お金はあればいいけれどなくても良いみたいなスタンス。でもそれではダメだなと個人的なコペ転。とりあえずマジで品がないくらいにお金を稼いでみよう。そもそもお金を稼ぐっていう事はそんなに簡単な事ではないのだからやってみて、すぐできるとはは考えられない。失敗に終わる事多いと思う。それでもまずは自分がしたくない事をして、自分のオーダーを無視して取り敢えずお金に重きを置いてお金を稼ぐことを考えたい。その結果として自分がどう思うかはその時に考えればいい事であって、今は今金を稼ぐというマジで最低な自分でも許しがたいビーストになってやっていくしかない。

次に英語について。久しぶりの海外で本当に英語が壊滅的だった。翻訳機とかAIとかそういう謎のテクノロジーが主流になっていく世界だけれどオーガニックに英語がもっと話せるようにならないといけない。今は海外旅行に行こうかとなると英語が話せないからなとか思うことが多々あって、実際英語なんて話せなくても現地に行けばどうにでもなるのだけれど、もっと手軽にポップに行きたいところに行けるようになりたい。海外でも国内でも特に何も考えず金と時間があればあとは英語があれば地球規模でなんとかなりそう。あとやっぱり教養として分かりやすい格好良さがある。古典を読んでいるとか、士業の資格を持っているとかよりも英語を話せた方がかっこいい。僕は面倒くさがりなので取り敢えず、iPhoneのアプリでいい感じのものを探して勉強していきたい。

好きな人について。今回は姉と旅行に出かけたのだけれど、次はちゃんと好きな人と一緒に来たい。姉のことは勿論好きだしラブなんだけれど、マジのちょっとエロさもあるドープなラブな人と次は旅行に行きたい。好きな人が初めて見るものを見てどういう反応をするのかを見てみたい。好きな人っていうのは嫁のことなので、とりあえず嫁を色んなところにもっと連れまわしたい。

簡単にズバコーンとまとめたけれど、兎にも角にもやるしかない。ちょうど8月も始まったばかりなので1ヶ月ごとにブログで振り返りたい。取り敢えず何も考えずのやってみろ俺という気持ちを俺は俺の脳にぶち込みたい。先ずは金を稼ぎつつ、英語を毎日継続してできる限り勉強して、最終的に嫁をいろんなところに連れまわす。僕の人生どう使おうと僕の勝手なのだから、出来るだけ本体の意味での「適当」にしっかりとフォーカスしてDOしたい。