アトピーと生活

ほとんど完治したアトピーの事を中心に

パックラフトを始めてみたい初心者なのでいろいろ調べてみた

ハイカーたちに人気の超ULゴムボート「パックラフト」をやりたくてしょうがないのでいろいろ調べたのでメモしておきます。

パックラフトとは

めちゃくちゃ軽いゴムボート。バックパックに入れてどこにでも持ち運べるので強い。川とか下ると楽しい。

パックラフトに必要なもの

ボート本体

これがなきゃ始まらない。信頼と実績のアルパカクラフトや、後発のココペリなどいくつかのブランドがあるので好きなやつを選べば良い。

パドル

漕がないとどこかにいってしまうので漕ぐものが必要。それがパドル。

ライフセーバー

メガバス(Megabass) LIFE SAVER(VEST)(ライフセーバー) RED MEGABASS 34519

メガバス(Megabass) LIFE SAVER(VEST)(ライフセーバー) RED MEGABASS 34519

 

溺れるとやばいので絶対に必要。

ヘルメット

浅瀬などでは必要。逆に深い湖とかでは頭をぶつけるものが特にないのでいらない。でも絶対あった方が良い。

バックパック

パックラフトを運搬する用。以外にもデイハイク用の30リットルくらいのもので運搬可能。

パックラフトに必要な予算

大体20万円前後。

内訳

ボート本体 10〜15万円程度

パドル 3万円程度

ライフセーバー 2万円程度

ヘルメット 2万円程度

バックパック 2万円程度

ヘルメットとバックパックは登山をしている人であれば買う必要もないので実際に必要なものは15万円程度で頑張れば揃える事ができる。

ゴムボートの耐久性について

基本的には穴が開くことはない。川底の石は水流によって基本的に角がないので安全。

おすすめの1日体験

東京だと一番近いのが奥多摩エリアの御嶽にいくつかパックラフトを経験できるショップがあるけれど、その手のお店はラフティングや川下りのひとつとして、パックラフトもやっているだけなのであまりおすすめはできないとの事。最も信頼出来るのは長野のサニーエモーション。ここはパックラフト専門でやっているので技術力の向上やパックラフトの購入の相談なども出来る。東京からだと少し遠いいけれどおススメです。

最後に

パックラフトに興味が出てきたので色んな人から教えてもらった情報をまとめてみました。実際にサニーエモーションの予約を取ったので1日体験をしてみようかと思います。