アトピーと生活

ほとんど完治したアトピーの事を中心に

嫁が鬱っぽくなった時の対処法

嫁が鬱から抜け出して社会に帰って行きました。すこし寂しくもあるけれど蛹から蝶になって外の世界を自由に飛び回る彼女を見て、今度は僕が仕事を休みたいなと思いました。嫁が鬱になった時の対処法をまとめておきます。

仕事を休ませる

まずは仕事を休ませましょう。仕事が原因かどうかはさておき、仕事を休めば1日8時間以上の自由な時間が生まれるのでその時間を好きなように過ごしてもらいましょう。

甘やかす

鬱は甘えなので甘やかすのが正解。甘やかすって何って言われても困るのだけれど取り敢えず全力で甘やかすぞという気持ちを持って挑む事が大切。

部屋を清潔にキープ

いつもよりも意識的に部屋を綺麗にしましょう。シンクに洗い物がたまっていたりゴミ箱からゴミがあふれていたり、テーブルの上に物があったり、ベッドがぐちゃぐちゃだったりすると余計に気分が落ち込むものなので、取り敢えずいつも以上に部屋を清潔に保つ事が重要です。

仕事終わりに外におびき出す

一日中家の中に籠っていると退屈しそうなので可能であれば仕事終わりに駅で待ち合わせをして夕食を外で食べたり、映画を見に行ったりしましょう。無理しないレベルで生活に楽しいことと社会への接点を与えてあげるとなんか良いかもなと思ってやってました。

自分も仕事を休んで日帰り旅行に行く

これはふつうに奥さんばかり休んでてずるいなっていう思いから僕も一日仕事を休んで新幹線で熱海にいったりしました。非日常的な事をしてみると気分転換になるようで悪い影響は無さそう。奥さんは明日もどうせ仕事行かないから熱海に泊まって行こうかなとか言っていて最高だった。

仕事いけとか言わない

仕事行かなくても良いのなら行きたくないのは鬱の人でも鬱じゃない人でも一緒なので仕事に行け的なアレは言わない方がいいと思う。人間的に。

家事を期待しない

外でモリモリ働いている人はどうせ奥さんは家にいるんだから家の事くらいやってくれよとか思いがちだと思うんですけど、期待したらダメです。家事だってやりたくない時があるんだから。仕事をしている事が偉いみたいな幻想をぶっ壊していけ。

悩まない

奥さんが鬱っぽくなっても特に悩む必要はないので変に悩まない方がいいと思う。僕は特に何も思うことなく普通に生活をしていたので奥さんも最終的に普通に生活をするようになりました。

全部当たり前のことだな

ここまで書いてみて全部当たり前のこと過ぎて何の参考にもならないなと思ったのだけれど取り敢えず参考にしてもらえれば良いと思います。

うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち

うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち