アトピーと生活

ほとんど完治したアトピーの事を中心に

CROSSING CARNIVAL‘19

久しぶりにサーキットイベントに行った。野外フェスと違ってサーキットイベントは休めないの疲れるけれど、鳴っていた音楽はどれも素晴らしいものでした。渋谷の街と長野やどこかの山奥で聴く音楽は全く聞こえ方が違うけれど、それも含めての音楽。

誰が最も良かったかと考えると、それはもう完全にORGE YOU ASSHOLE。僕は音楽の用語も技術的な事も分からないのだけれど、素晴らしかった。かつてのりんご音楽祭で持ち時間の全てを使ってアレンジというよりはセルフリミックスした『ロープ』一曲を延々と鳴らしていたオウガを見て衝撃を受けたのだけれど、その時よりもより素晴らしかった。ドラムのリズムに外したうえで合わせるメロディの小さな違和感がどんどん大きくなって、その違和感がひとつのメロディに反転する瞬間に脳がおかしくなりそうになる。観客を無視して置いていく彼らの音を聞いて『キャッチャーインザライ』を思い出した。ホールデンもこの音楽には悪態をつけないんじゃないだろうか。透き通った高音の出戸さんのボーカルが、1つ楽器として成り立っていた。常に声を出している必要はないのだ。

田我流も素晴らしく良かった。「貯金してるか?そんなもん全部使っちまえ。」「ネバーギブファック」「一宮マザーファッカー」音楽とは関係のないMCの中で生まれた言葉が今のリアルという感じがした。ヤベー勢いですげー盛り上がっていた。もうとにかく生物として良い。見た目、声、何を取っても美しさが段違い。文系ラッパーとかギャングスタラッパーとか、カテゴライズされるスタイルのどこにも押し込めないスタイルを目の前で見せられてもうお手上げでした。世界が放っておくわけないでしょ。笑顔がいいのだ。何しろ笑顔が良い。

東郷清丸も初めて見た。音源と同じ声をライブで目の前で生の人間が出せるってすごい。歌っている時の顔が良い。左手にキラリと光る結婚指輪がセクシー。奥さんがめちゃくちゃ綺麗なパターンの人だと直感的に悟った。新アルバムからの曲が中心の構成。どの曲も果てしなく伸びるような声と、軽快なリズム。踊らずにはいられない。

トリはspangle call lily line。もう本当にびっくりするくらい気持ちが良くて、目を瞑って静かに揺れていた。spangleの音楽は森の中で聴く自然の音のようだった。当たり前だけれど音楽はいくつもの要素が重なり合って出来ているということを実感したステージだった。

今週はずっとOgreYou Assholeの『work shop』を聴いている。

workshop

workshop