アトピーと生活

ほとんど完治したアトピーの事を中心に

エリザベスカラーや包帯を嫌がる術後の猫には手術着がおすすめです

f:id:DHFclub:20190328144923j:image

猫が検査と避妊手術から退院してきたのだけれど、エリザベスカラーを付けていると元気がない。外してあげれば元気に動き回るのだけれど、外してしまうと傷口をペロペロ萎えたりしてしまう。とういう事で傷口にガーゼを当ててその上から包帯を巻いて、傷口を保護する事でエリザベスカラーを卒業したのだけれど、ひとりで猫のガーゼを交換して包帯を巻くのはとても大変。猫も疲れてしまうし僕も疲れてしまう。夜だったら良いのだけれど術後は朝晩の2回消毒が必要なので朝の忙しい時間に包帯を綺麗に巻くのはとても大変。そこでだ。完全なソリューションを見つけたのでこれから手術を控えている全国の飼い主さん達に全力でおすすめしたいものがある。

手術着

これだとまるで手術時に着る服のように思えてしまうけれど、手術の後に着るものです。この手術着着せてあげればエリザベスカラーや包帯をしなくても傷口を保護できるで舐めて化膿したりしなくてすみます。これ本当に便利なので病院もエリザベスカラーではなくて着るタイプのものにしてくれればいいのに。

猫も人間も快適

エリザベスカラーを付けていると猫としてはストレスが大きいだろうし、僕たち人間としても精神的に心配になってしまう。カラーを付けているからいつもの用に動けなかったり、何かにぶつかってしまったり、引っかかってしまったりと保護をするには必要なのはわかるのだけれど出来ればしたくない。そういう時には手術着をサクッと着せてあげればば全てが解決です。マジのソリューション。付け外しも簡単でほんの数秒で終わるので猫も僕たちも疲れないし、お互いに険悪にならずに済む。食事も普通に食べる事が出来るし、元気に部屋中を歩き回ることも出来る。服を着せる事がストレスにならないかなと思ったのだけれど、カラーよりも包帯よりも断然手術着が快適そうでした。サイズも猫の大きさによって自由の調整できるので、きつめに着せたり、余裕を持って着せる事も出来る。猫の動きやすい状態に簡単に調整出来るのも嬉しい。買ったのは1着だけだけれど、室内なので特に汚れることもなくずっと使えるのも人間としては気を使わずに済んで良い。

結局可愛い

不謹慎だけれどカラーを付けている猫というのはなんとも言い難い可愛さで、ずっと見ていたい気持ちになってしまう事もある。でも安心して下さい。手術着を着ている猫も結局可愛いです。可愛いとか可愛くないとかじゃないでしょというのは分かるのだけれど、なんだか少し間の抜けたような表情をしたりして、それが本当に可愛いのだ。出来るだけ猫も人間も快適に暮らせれば良いなと思っているので、みなさんどうですか。オレのマジのレコメンド。