アトピーと生活

ほとんど完治したアトピーの事を中心に

初心者がウッドカービングをするのに必要な道具や材料の入手方法をまとめました

f:id:DHFclub:20190311150348j:image

主に八雲の木彫りのクマにやられてから、ずっと自分でも木彫り・ウッドカービングがしたいと思ってたのだけれど、まず何を揃えればいいのか分からない・どこで買えるのかも分からないという状況だったので友人のウッドカービングをしている人にいろいろ聞いてきた。これからウッドカービング・木彫りがやりたいと思っている人の参考になれば。

必要な道具

必要な道具って言っても必要なのは木を削るためのナイフだけ。ナイフだって家にある彫刻刀でも何でも大丈夫。とか言われても不安だからプロが使っている道具を教えてもらったのでご紹介。

モーラナイフ ウッドカービング120

モーラ・ナイフ Morakniv Woodcarving kit

モーラ・ナイフ Morakniv Woodcarving kit

 

キャンプやブッシュクラフトでおなじみのモーラナイフのウッドカービング用ナイフ。初心者からプロまでみんな使っている大人気モデル。値段が3000円以下と言うのも嬉しい。

モーラナイフ ウッドカービング 164

モーラ・ナイフ Morakniv Wood Carving 164 S

モーラ・ナイフ Morakniv Wood Carving 164 S

 

スプーンやコップを彫る時に必要なのがコレ。独特な刃の形で平面から曲線を削りだす事が出来る。

この2つのナイフがあればオッケーなんだけれどモーラナイフの物は人気なので品切れという事もある。そう言う時にはETEPONの2本セットがおすすめ。ほとんど同じものなので。

小刀でも十分

カービング用のナイフの方がそれっぽくてやる気は出るけれど実際はホームセンターに売っている小刀でも十分。結構周りで使っている人が多いのは千吉の小刀。ハンドルがラバーなので滑りにくいし切れ味も抜群。

千吉 PC小刀 ラバーハンドル 鋼付

千吉 PC小刀 ラバーハンドル 鋼付

 

糸ノコ

マルチクラフト(MULTICRAFT) 多機能ミニハンディソー MMH-3

マルチクラフト(MULTICRAFT) 多機能ミニハンディソー MMH-3

 

木を切り出す時にあると便利な糸ノコ。実際無くてもなんとかなるけれど、大体の形を切り出す時には使うと便利。後は面彫りとかも出来る。

工作マット

Lovoski 工作機械に対応 グリッドライン A5 カッティングマット カッティングボード 全5色 カード作成 - 緑

何かを作業する時には工作マットがないと机を傷つけてしまうのでマストです。大きいものよりもA5サイズの小さなマットの方が使いやすい。

紙やすり・耐水ペーパー

掘り終わったあとは出来るだけ滑らかにヤスリで仕上げていく。粗いものから順に細かいものへと順番にかけていくと綺麗になる。

必要な材料

材料の入手方法はいくつかあって、拾ってくるとか山から気を切り出すとかいうワイルドな方法もたくさんあるのだけれど一番便利なのはインターネット。Amazonでも楽天でも買えるのだけれど、おすすめはこれ。家具を作る際にでた端材を適当にダンボールいっぱいに詰めて送ってくれるので激安です。サイズも形も素材もバラバラなのだけれど、それが逆にインスピ湧いてくる系でグッドです。 

楽天だと、WOODJOBさんがたくさん端材を出しているのでとても良い。端材はいつでも販売しているわけではないので、時々チェックして在庫がある時に買うといいですよ。楽天の場合はスーパーセールとかで安くなるのも最高。

a.r10.to

おすすめの本

はじめての木彫りどうぶつ手習い帖

はじめての木彫りどうぶつ手習い帖

 

木彫りで有名なはしもとみおさんの著書。スプーンやコップを作りたい人にも参考になるし、何より動物を削るのは楽しい。ペットと暮らしている人には本当にオススメ。

木彫りはサイコー

雨の休日とか、平日の夜とか、キャンプとかいつでも出来ていつでも楽しい。