アトピーと生活

ほとんど完治したアトピーの事を中心に

部屋を山小屋にするために西荻窪ひぐらし古具店でソケットランプを買った

f:id:DHFclub:20190212213835j:image

僕が今住んでいる家は40平米無いくらいの築50年以上経っているアパートで、50年も建っていれば具合の悪い箇所もいくらか出てくる。壁の日焼け跡や、浴室の塗装のハゲ、シンク下の収納扉の建て付けが悪いとかそういう類のもの。それでも僕がここに住んでいるのは勝手に手直しをしていい事に加えて、家賃が都内なのに3万円という破格である事、さらには屋上がついている事などあげればキリがないくらい僕はこの家の魅力に取り憑かれてしまっている。以前に壁をペンキで塗った時に、外したシーリングライトが気に入らなくてシーリングライトをそのまま捨てて、間接照明だけで生活をしていたのだけれどさすがに暗いよねみたいに思う時があるので天井から吊るすソケットランプを買った。

スイッチ付きソケットランプ

f:id:DHFclub:20190212074051j:image
f:id:DHFclub:20190212074056j:image

コードとソケットだけのシンプルな作りで、存在感があるようで無い。

f:id:DHFclub:20190212075028j:image

灯りをつけていなければ存在すら気づかないけれど灯りをを灯せばチラチラと燃えるフィラメントの美しさ。うちにはこの電気をつけるためのスイッチが存在していないのでスイッチ付きのソケットランプ。スイッチをカチッと90度回すと灯りがつく仕組み。シンプルなので壊れないし、壊れても簡単にサクッと直せてしまうのもいいところ。

西荻窪 ひぐらし古具店

今回ソケットランプを買ったのは西荻窪ひぐらし古具店で、オンラインショップも完備しているので気になっている人はちょっと見てみると楽しいですよ。4年前くらいに西荻をぷらぷらしていて、特に期待もしないで入ったのが始まりでそれから壁に取り付けるコートやガウン用のフックや、家具用のワックスなどが必要になるとここで買うようにしている。特にラインナップが尖っているわけでもないのだけれど、初めて入った時に店内ではnujabesが流れていてレジには白髪のお年を召したおばあ様が背筋をピンとして立っていた。僕はそんな100点みたいな空間の存在にびっくりしてしまって、びっくりついでにこのお店を僕のお気に入りにする事に決めたのだ。最近は西荻窪も吉祥寺化が進んできているように感じることもしばしばなので、個人商店の強みみたいなものをこういうお店で感じてもらいたいと思う。チェーン店にはnujabes × 白髪のおばあちゃんなんて最高の組み合わせをする度胸もセンスも無い。

ソケットランプのある生活

f:id:DHFclub:20190212074225j:image

今まで使っていた間接照明にプラスして使えばもちろん部屋は明るいし快適。数人で食事をする時などは間接照明を全てつけて、ランプもつければ丁度良い。僕が気に入っているのは間接照明を消してこのソケットランプだけの明かりで食後に本を読むながらジントニックを飲みながらナッツを齧ることなんだけれど本当に至福の瞬間。山小屋の親密感と、都会の快適性が混ざり合って時間の流れが遅くなり、時間は古びたVHSテープのように伸びていく。酩酊。