仕事辞めたい病が再発している

こんにちは。今日も今日とて辞めたいですね、仕事。仕事ってなんでこんなに辞めたいと思わないといけないのでしょうか。もっとハッピーでキャッチーな仕事が世界には溢れているというのに僕は毎日のように仕事が辞めたいとか思いながら毎日だらだらと会社での時間を過ごしている。どう考えても時間の無駄なのだから早くサクッと辞めてしまえばいいのにと自分でも思うのだけれどやめることができないのは、仕事がドラッグだから。自分でも良くないとは思っているのに辞められない。こんなに楽なのに、自分が思っている以上の給料を毎月定期的に僕の口座に放り込んでくれることに完全に慣れてしまったし、僕の生活はそのお金によって成立しているのだからやめられない。

まず僕には他の仕事なんてできるわけがない。なぜならやる気が全くないから。仕事に対するやる気がまるでない。大きなプロジェクトを動かしているけれどそれで気持ちよくなったこともないし、それによって自分に利益が跳ね返ってくることもない。僕がやる気を出しても、今と同じように適当に仕事をしていても給料はさして変わらないのならそこまでやる気を出す必要もない。真面目にやらないから、やりがいなんてものが生まれるわけでもなくよくない循環を自分で作ってしまっている。

次に忙しい仕事をしたくない。世界にはたくさんの仕事があって、その中には楽しくてしょうがない仕事もあるようだけれど忙しかったりしたら意味がない。忙しいとか大変とか苦労とかそういう類のものを一切美徳にしないで生きているので、そういうものに何の魅力も感じない。楽であればあるほうがいいし、暇であれば暇であるほどいい。疲れることはよくないことなので、自分が快適にできる範囲内で一生懸命仕事をすればいいと思っている。しかもその範囲というのが極めて低次元の範囲なのもよくない。自分が快適にできる範囲がとんでもなく広い人であれば、僕にだってもう少し仕事を頑張ったりすることができるのだろうけれど、僕にはその範囲がめちゃくちゃ狭いので色々と無理です。厳しいことがありすぎる。今の仕事にありつけただけでもハッピーだよねとかそういう半ば人生を諦めたような気持ちでこれからも今の仕事を続けて行くしかないのかもしれない。

思えばリスクをとりたくない人生だった。リスクをとることが人間の大きさみたいなところがあるけれど僕はリスクヘッジが異常にきちんとしていると言うことで、リスクを事前に全て完全に回避してきたと思えばいいのかもしれない。そういう言葉遊びのような虚構な前向きの力で適当にサクサクとやっていくのだ。

今日の朝からコンビニ人間を読んでいる。なぜいまコンビニ人間を読んでいるのかというと最近読んで居たバイオパンクという合成生物学のこれからの本を読むのに飽きたのと、kindleで安くなっていたゼロ・トゥ・ワンも良くわからなかったから。

バイオパンク DIY科学者たちのDNAハック!

バイオパンク DIY科学者たちのDNAハック!

 
ゼロ・トゥ・ワン 君はゼロから何を生み出せるか

ゼロ・トゥ・ワン 君はゼロから何を生み出せるか

 

ビジネスとか世界を変えたいみたいな本は最初読んでいる時は楽しいのだけれどあまり知的興奮を感じないでいつも途中で飽きてきまう。というような理由からコンビニ人間を読みはじめたのだけれど、今のところあまり楽しくない。というよりも主人公の女性がコンビニで働いている風景や感じたことを延々と書かれてもあまりにも非日常な感じがしないことと、ハードボイルが足りなすぎる。やっぱり僕はハードボイルと愛の話が好きなのだと思った。kindle版で買ったのでこれからも時間のある時に読み進めていければいいのだけれどもう少し面白くなってくださいという神頼みに似たような気持ちで電子ペーパーのページをめくっている。

コンビニ人間 (文春文庫)

コンビニ人間 (文春文庫)