アトピーと生活

ほとんど完治したアトピーの事を中心に

アトピー・敏感肌の人でも赤くならないで使える肌に優しい髭剃り・電気シェーバーのおすすめを紹介します

f:id:DHFclub:20190814075121j:image

こんにちは。今記事ではアトピーの僕が使ってみて肌が全く荒れなかった電気シェーバーの紹介をさせてください。

僕が社会人になった時に一番悩んだのが毎朝の髭剃りでした。肌が弱かったので学生時代は週に1回髭を剃るくらいで済ませていたのですが、社会人になるとそうもいきません。毎日髭を剃る事がマナーになってきます。

毎日髭を剃ると肌が荒れてしまいそうだなと悩んでいた僕ですが、ちゃんとアトピー・敏感肌の人に適した電気シェーバーを使えば肌への負担は限りなくゼロにできる事を実際に体験して知りました。

アトピーや敏感肌の方で髭剃りについて悩んでいる方の参考にしてもらえればと思います。

カミソリはダメ!必ず電気シェーバーを使う事

f:id:DHFclub:20190814075213j:image

髭を剃る方法は大きく分けて剃刀を使う場合と、電気シェーバーを使う場合の2種類に分ける事ができます。ここで大切なのは絶対にカミソリは使ってはダメだということです。肌の弱い人は絶対に電気シェーバーを使ってください。

カミソリではなく電気シェーバーを使う理由

カミソリと電気シェーバーの違いは刃が直接肌に当たるか当たらないかです。

f:id:DHFclub:20190814075524j:image

引用元:ジレット公式サイト

カミソリは歯を直接肌に当てて髭を剃ります。直接肌にカミソリを当てるので、深剃りは出来ますが肌への負担もとても大きくなります。

f:id:DHFclub:20190814075535j:image

引用元:ジレット公式サイト

次に電気シェーバーの場合は直接刃が肌に当たらないようになっています。イメージは超高性能のバリカンのようなイメージです。実は電気シェーバーは髭を剃っているというよりは限りになく肌に近い所で髭を刈っているのです。

直接肌に触れないで刈っているのでカミソリのような深剃りは出来ませんが、肌へのダメージは限りなく小さくなります。

これでカミソリではなく電気シェーバーを使う理由がわかったかと思います。では次にどのような電気シェーバーを使えばいいのか説明します。

アトピーの人も使える電気シェーバーの選び方

電気シェーバーであればどれでも良いというわけではありません。選ぶ上で重要な事を説明していきます。

ウェットシェービングが可能かどうか

f:id:DHFclub:20190814075350j:image

電気シェーバーにはウェットシェービングとドライシェービングの2種類があります。

ウェットシェービングというのは肌をジェルや水などで濡らした状態で髭を剃る事で、ドライシェービングというのは肌に何も塗らずに乾燥した状態で髭を剃るという事です。

感覚的に分かるかと思いますが、ウェットシェービングの場合はシェービングフォームやジェルなどを肌に付ける事で肌との摩擦を出来る限り少なくする事ができるので、アトピーや肌の弱い方にはウェットシェービングに対応している電気シェーバーを選ぶことが必要になります。

完全防水かどうか

後ほど肌に負担の少ない髭剃りの方法を説明する際にも言及しますが、完全防水かどうかはとても重要です。

完全防水の場合、お風呂場で湯船に浸かりながら髭を剃る事が出来ます。いわゆるお風呂剃りが可能になります。

また、全体を簡単に水洗いすることが出来るのでいつでも清潔に保つことができます。

今では殆どの電気シェーバーが完全防水でお風呂剃りに対応していますが、電気シェーバーを買う時には確認をしておく必要があります。

回転式かどうか

f:id:DHFclub:20190814080351j:image

引用元:フィリップス公式サイト

髭剃りのシステムには回転式と往復式の2種類があります。回転式はフィリップスが採用しているヘッドが3分割に分かれていて、それぞれが独立して扇風機の羽のように刃を回転させて髭をそる仕組みです。

往復型はブラウンやパナソニックなどが採用しているいわゆる普通の髭剃りの見た目のやつですね。

どっちが肌に良いかというとフィリップスが採用している回転式です。回転式の場合は刃がそれぞれ独立して動くので肌にフィットしやすく、肌にダメージを与える角度でヘッドが肌につく事はありません。

また、肌への密着がいいのにも関わらず、往復式よりも肌との摩擦が少ないので肌にダメージを与えないようになっています。

アトピー・敏感肌の人におすすめの電気シェーバー

今までの事をおさらいすると、アトピー・敏感肌の人が選ぶべき電気シェーバーは、ウェットシェービングが可能で完全防水の回転式の電気シェーバーという事になります。

そのような機能を満たしている電気シェーバーはあるのかというと、ちゃんとあるんです。それがフィリップスが製造している回転式の電気シェーバー、7000シリーズです。

敏感肌専用機 フィリップス 7000シリーズ 

フィリップス 7000シリーズ メンズ 電気シェーバー 72枚刃 回転式 お風呂剃り & 丸洗い可 トリマー付 S7561/12

フィリップス 7000シリーズ メンズ 電気シェーバー 72枚刃 回転式 お風呂剃り & 丸洗い可 トリマー付 S7561/12

肌に優しいと評判のフィリップスの中でもこの7000シリーズはなんと敏感肌専用モデルなんです。

皮膚科医の慣習の元、できるだけ肌に負担のかからないような機能が盛りだくさんになっています。詳しくはAmazon商品ページにメイカーの説明が書いてあるのですが、 先程説明した3つの条件を満たしているだけではなく、より肌との摩擦をなくすためにヘッド部分に特殊なビーズコーティングがしてあり、より肌に優しい設計になっています。

僕は実際にこの7000シリーズをずっと使っていますが、肌がヒリヒリしたり赤くなったりする事は今まで一度もありません。またお風呂シェービングをする事で、ほとんど剃っていないような、全くストレスを感じない状態で髭を剃る事が可能です。

僕が今まで使ってきた電気シェーバーの中で最も肌にダメージが少なく綺麗に剃れるので本当に重宝しています。

もし今使っている7000シリーズが壊れてもまた同じものを買うと思います。

本当に今アトピーで困っている人、今まで何を使ってもダメだった人には少し高い買い物になるかもしれませんが、絶対にこれを買う事をお勧めします。フィリップスの電気シェーバーは5年以上は余裕で使えるので長い目で見ればそこまで高い買い物ではないと思います。

次におすすめなのが僕が7000シリーズを買う前に使っていたフィリップスの5000シリーズです。

安くて便利なフィリップス 5000シリーズ

フィリップス 5000シリーズ メンズ 電気シェーバー 27枚刃 回転式 お風呂剃り & 丸洗い可 S5050/05

フィリップス 5000シリーズ メンズ 電気シェーバー 27枚刃 回転式 お風呂剃り & 丸洗い可 S5050/05

5000シリーズは特に敏感肌専用モデルというわけではないのですが、とても肌に優しい剃り心地です。また値段も安いのが若い社会人の方には嬉しいでしょう。

7000シリーズに比べるとビーズコーティングが無かったり、刃の本数が少なかったりしますが、それでもお風呂シェービングを基本とするのであれば、5000シリーズでも肌へのダメージは抑える事が出来ます。

初めて回転式の電気シェーバー買う人、アトピーではないけれど少し肌が弱い人には先ずは価格の安い5000シリーズを買う事をお勧めします。

フィリップス 5000シリーズ メンズ 電気シェーバー 27枚刃 回転式 お風呂剃り & 丸洗い可 S5050/05
 

まとめ

今記事ではアトピーの僕が実際に使ってみて肌が赤くなったりヒリヒリしなかった肌に優しい電気シェーバーのおすすめを紹介しました。

本当に困っている人は7000シリーズ、まだ少し余裕があるかなという人は5000シリーズがおすすめだと思います。

もし良ければ使ってみてください。