アトピーと生活

ほとんど完治したアトピーの事を中心に

【北海道・札幌】クラフトジン専門店kinoole

札幌について何の知識もない僕たちの救世主的バイブル「札幌の正解」に載っていたクラフトジン専門店が本当に大正解でした。

札幌は夜の街だった。日が沈んでからが本当に長い。4時前には日が沈み、そこから日を跨ぐまで街は活気で溢れている。札幌の歓楽街の一見健全そうに見える明るさは道路が雪で真っ白になるからなのだと初めて札幌に行って実感した。新宿の如何にも不健全ですといった黒さとは対照的な白さ。現地の人からすれば本当は真っ黒なのかも知れないけれど、僕たちみたいな観光客からすれば札幌の夜の健全さは東南アジアの夜のようだった。

f:id:DHFclub:20181214003806j:image

夜を持て余した僕たちは食事を終えてノアの箱舟まで散歩をした。脱構築主義とは言われるけれど、ザハやレムの構造とダイアグラムによるデザインというよりは構造とは全く関係のない表層で脱構築主義を語るその作風はどうなのよとか思ったりした。今虎ノ門で計画されているレムコールハース監修の超高層ビルが出来るまでノアの箱舟が唯一の日本における脱構築主義の建築家による建築ということになる。それが札幌にあるのが札幌の恐ろしさでしょ。

札幌の夜は降っては積もる雪のように時間が増えていく不思議な体験が出来る。時間を使っても使っても増えて行くだけで無くならない。そんな時間に対する除雪機の役割を僕たちはお酒に求めたのだった。どうせならという事で、ススキノの歓楽街から少し歩いたところにあるクラフトジン専門店kinoole に向かう。

f:id:DHFclub:20181214003826j:image

小さなビルの二階にある小さな扉を開けると、そこには想像していたよりも小さなカウンターとテーブルが一台。バーだからマスターと呼ぶのが相応しいのか、スタッフさんと呼ぶのかキャストと呼ぶのか分からないけれど、つまりこの店の王がいた。王だ。王。今考えるとめちゃくちゃ王っぽい気がしてきた。

f:id:DHFclub:20181214003844j:image

カウンターにはジンが所狭しと並べられていて、奥のキャビネットにもジンが並べられている。まじか世界にはこんなにジンがあるのかと圧倒されていると王が王たるウェットでTHE上質というような声でどれがいいかと尋ねてくる。ジンの中からジンを選べばと言われれば千と千尋よろしく「この中の本物のジンはいないわ!」と叫びたくなるけれど、残念ながらここには本物のジンしかないのだ。全く残念ではないのだけれど。

f:id:DHFclub:20181214003903j:image

Gコ山のコッシーさんが美味しいと言っていたブリュードッグのLONE WOLFを棚に見つけてそれでジントニックを作ってもらう。奥さんは京都のクラフトジン。名前を忘れてしまったけれど家の近所の酒屋さんでも見たことがあるやつだった。カウンターの目の前でマスターがジントニックを作ってくれるのだけれど、いつも僕が家で適当にニッカクラフトジンウィルキンソンのペットボトルのトニックウォーターで作る本当に適当に作る昔土曜日のお昼ごはんに父親が冷蔵庫の残り物で作ってくれたようなチャーハンジントニックとは訳が違うのだ。正確に計量したジンを入れたグラスに長方形の氷を入れる。氷を上下に動かして少しずつ氷を溶かしジンを冷やしていく。そのグラスに瓶のトニックウォーターをゆっくりと注ぐ。その手つきが最初から最後まで本当に優雅で、ある意味で官能的ですらあってマジでここに来て大正解だなと思いました。LONE WOLFのジントニックは強めのコリアンダーの匂い。コリアンダーというよりもパクチーパクチージントニックパクチー自体はあまり好きではないのだけれどジントニックになるとその香を嗅ぐのが楽しくて嬉しくて、グラスを鼻元までニヤニヤして持っていってしまうのだから不思議なものです。本当に美味しかったのと札幌でいいお店に出会えた記念として札幌から帰ってきてネットで注文した。早く届いてくれ。

ローンウルフ ジン 44° 700ml

ローンウルフ ジン 44° 700ml

 

f:id:DHFclub:20181214004204j:image

奥さんはその後もジンを使ったカクテル「イエローレディ」などを飲んでいたんだけれど僕はアルコールにそこまで強くないのでゆっくりと一杯を楽しませていただきました。

狭い店内の2階には今っぽいフィッティングの古着がいい感じにディスプレイされているので酩酊して正常な判断ができない状態で恋人とショッピングをしたりすると楽しそうなので是非誰かにやって見て欲しい。僕もやりたかったのだけれど僕は弱くてすぐ酔うけれど彼女は強くて全く酔わないのでバランスが悪い。酩酊した僕と明晰な彼女で楽しい買い物が出来ると思いますか。マスターのお話も常連さんたちの会話もとても面白くて帰りのタクシーの中でもいいお店だったねなんて話を彼女としていた。今すぐにでも行きたい。札幌の正解はマジでオススメなので無くなる前に買っておいた方がいいと思います。正解だから。

BRUTUS(ブルータス) 2018年 11月15日号 No.881 [札幌の正解]

BRUTUS(ブルータス) 2018年 11月15日号 No.881 [札幌の正解]