時々馬鹿になってお金を使うときがある

YRB(ヤング リッチ ボーイ)では無いので毎月30万円程の手取り。基本的に収入に見合った生活をしている。

無駄遣いはしないようにしているし、基本的に家でご飯を食べている。特に浪費するような趣味もないので週に1回映画館で映画を見て、クラフトビールが家で飲めて、読みたい本は値段に関係無く買うくらいの事を贅沢として生活をしている。家賃は東京にしてはとんでもない安さだから狭いけど満足している。引っ越したいけれど。ほとんどお金の管理をしないので厳密に自分が月に使っているお金は分からないのだけれど毎月多くて15万円くらい。少ない時は10万円以下で生活をする時もある。テレビやニュースや現代社会についての本などを全く読まないようにしているので今の景気が良いのか悪いのかもよく知らない。正直どうでも良いと思っている。そして僕の年収が20代の平均くらいなのか、多いのか少ないのかもよく分からないし月10万円使う生活が正常なのか異常なのかもよく分からない。よく分からないけれど相対的に誰かと比べる必要性を特段感じる事はな無いくらいには自分の生活に満足している。毎月15万円くらいなら使ってもいいかなとか、そういう緩い感じでお金の管理をしている。

それでも時々馬鹿になって本当に何も考えずにお金を使う事が年に2回くらいある。急に海外旅行に2週間行ったり、誰かにプレゼントをあげたり、家具を一気にリペアにだしたり、欲しかったレコードを取り寄せたり。それが今月で40万以上使った。奥さんの誕生日プレゼントにジョンストンズのカシミアのストールを8万円くらいで買って、デートで5万円くらい使った。今取り置きしている椅子が2つで16万円くらい。フロアランプも買い換えたいから4万円くらい。あとは諸々スニーカーとか、食器とか主に生活の関わるものを買ったりした。毎年奥さんのプレゼントを買うときには値段を一切考えないようにしている。一回だけマルジェラのタビブーツを買おうと思った時は15万円高いですってなって買えなかったけれど基本的には自分があげて満足できるもの、貰った人がちゃんと日常生活で満足できるものを贈る事が最優先事項なので金額は考えないようにしている。

馬鹿みたいにお金を使った後に今まで一度も後悔をした事がないから、僕にはこれが正しいお金の使い方なのではと思うのだ。それに僕が基本的にお金を使ったりショッピングに出掛けたりする事が嫌いなのだけれど時々銀座とかでバンッとちゃんとした買い物をするのは楽しい。

追記 本文と関係無いけれどYRBのMVのRyugo ishidaが僕脳に見える瞬間がある。