アトピーと生活

ほとんど完治したアトピーの事を中心に

建築職公務員 東京都庁1類A,B・特別区を独学で合格するためのオススメの参考書まとめ

建築職で公務員試験を受けようとしている方に向けて、実際に僕が公務員試験で使用した参考書をまとめおこうと思います。

公務員の建築職をうける方は大学生や大学院生、社会人と幅広い年齢層の方がいます。立場は違えど同じ共通点があります。お金と時間がない。これです。お金も時間もあるぜっていう方がいたら申し訳ないです。僕は大学院生で研究や民間企業の就活、さらに設計事務所でのアルバイトなどを掛け持ちで行なっていたので時間はありませんでした。お金は学生なので基本的にあるわけないのです。そこで公務員試験では独学を選択しました。その時に使用した参考書をここにまとめておきます。

どのような参考書を選べばいいのか

東京都の1類AもBも問題の本質は同じです。単語の意味を理解して、暗記すること。これだけです。 建築士試験のように選択問題ではなく、問題の解答を全て筆記して解答するようになっています。つまり、建築士試験の参考書や勉強法では効率が悪すぎるということです。効率が悪いだけではなく、効果が全く出ない場合もあり得ると思っています。もし、建築士の問題集を使っている方がいたらブン投げましょう。 とは言いつつも建築試験の参考書の全てが悪いのではないのです。実際にこれからオススメする参考書の中にも建築士試験用のものがいくつかあります。しかし、それは一部を除き問題集ではありません。参考書です。参考書を読み込むことが東京都の採用試験では重要になってきます。 余談ですが、特別区地方自治体の採用試験では反対に二級建築士の参考書と問題集、公務員試験の過去問をやり込めば簡単に合格できるようになっています。 その点で東京都の採用試験は少し他の自治体と比べて特殊であることがわかると思います。 では紹介していきますよ。基本的に1類AもBも使用する参考書は同じです。ですが一部Aのみ必要になる参考書があるので、それについては記事内で「これは1類Aの人だけ必要ですよ!」という事を買いていますので参考にしてください。

都市計画

都市計画については都市計画法に書かれている用語の説明か、都市計画法で定める都市計画事業についての説明を問われる問題が多いです。都市計画事業というのは市街地再開発事業一種と二種の違いを問われる問題は頻出です。)や区画整理事業(区画整理事業の減歩とは何か?みたいな問題がでます。)のことです。 再開発?区画整理?なにそれ???みたいな人も大丈夫です。僕は聴いた事のないレベルだったのでみんなスタートは同じです。 都市計画について勉強する前にとりあず都市計画法は一回流し読みしておきましょう。全然理解できないし、めちゃくちゃ眠たくなると思うけど「あっこういうことが書いてあるのね」っていう感じがつかめればオッケーです。

いちからわかる知識&雑学シリーズ 都市計画のキホン

いちからわかる知識&雑学シリーズ 都市計画のキホン

いちからわかる知識&雑学シリーズ 都市計画のキホン

めちゃくちゃ簡単な内容で都市計画についての説明がされています。都市計画系の研究室にいなかった人や、建築設計を専門にずっとやってきた学部生の方などは一度目を通しておくといいと思います。都市計画の全体像と、用語の解説などとても丁寧に書かれています。 例えば東京都の平成28年度に出題された高度利用地区についてもとてもわかりやすい説明で書かれています。まずはこの本から始めること。

イラストでわかる二級建築士用語集

イラストでわかる二級建築士用語集

イラストでわかる二級建築士用語集

都市計画の範囲に関わらず二級建築士試験レベルの用語は基本的にすべてこの本に載っています。めちゃくちゃお世話になりました。建築計画の範囲もこの本に記載されていますし、環境工学の部分も書かれています。施工もです。全範囲を網羅しているのでベストバイです。だったらこれだけでいいじゃんとなるかもしれませんが、内容が少し浅いのです。専門的な深い内容を聞かれた時にはこれだけでは答えられない問題が出てきます。ですのでこの参考書で基本的な骨格を作って、他の参考書で補完していくといった勉強法がおすすめです。 お恥ずかしいのですが勉強を始めた時の僕は「単体規定?集団規定?なにそれ????」みたいな状態だったのです。ですので過去問を調べて、実際に解いてみてもまず単語が分からないという状態でした。信じられますか?学部生でもなく院生ですよ。その時にお世話になったのがこの参考書でした。ネットで調べればすぐに分かることも多いですが、ネットに書かれていることは本当に正しいことなのか分からないという事で、僕はできる限り書籍になっているものをオススメします。信頼性が担保できているのです。もし誰かの勘違いで用語の解説がされていて、それで覚えてしまったがために試験に落ちたなんていう結果は残念すぎます。ですのでウェブ上で調べることも重要ですが、書籍を買うことをおすすめします。 ****1類Aはこれも追加 ちなみにこの本には一級建築士バージョンもあります。

改訂版 イラストでわかる一級建築士用語集

改訂版 イラストでわかる一級建築士用語集

改訂版 イラストでわかる一級建築士用語集

内容としては二級の内容がより詳しくなったものと考えればよいと思います。構造の分野などでは明らかに詳しく書かれていたり、二級では書かれていない用語なども掲載されています。まずは二級の方を購入し読み込んでもっと知識が欲しいという方にはこちらがおすすめです。1類Aの人は特にこっちも買ったほうがいいかも。

建築計画

東京都の試験において建築計画は点数を稼げる範囲です。逆に言うと周りの受験生も気本的には点数を稼いでくるのでここで差がつかないようにしましょう。 計画分野は用語の解説を記述せよという問題なので、勉強方法としてはそれぞれの用語を丸暗記する形になります。 例えば、マンションの形式の種類(片廊下、中廊下など)やコアの形式(センターコア、偏心コア)をそれぞれ短所と長所を絡めて記述せよという意図です。

建築計画

建築計画

建築計画

多くの大学の建築計画の授業で採用されている名著です。もしかしたら授業で使った方もいるのではないでしょうか。この参考書は建築計画とは何かという入門的な部分から用語の解説を時代背景と絡めて説明していたり、全体を理解するのにとても優れた参考書です。 表紙がちょっと堅苦しいので難しそうに感じますが中身は半分が図説になっているので、とても見やすいです。 因みに気本的には図で解説されている範囲が主に出題されると考えていいと思います。効率よく覚える部分と覚えない部分を選択して暗記していきましょう。

図説やさしい建築計画

図説やさしい建築計画

図説やさしい建築計画

先にあげた建築計画をよりわかりやすく説明しているのがこの本です。本のサイズが大きいので図も大きくわかりやすいです。書いてある内容については建築計画とほとんどおなじなので気に入った方を買った方がいいと思います。僕はこちらをお勧めします。 建築計画は比較的範囲が絞られているのでこの2冊の参考書のどちらかを暗記すれば簡単に解くことができます。

構造

東京都の構造の問題は力学の計算をさせる場合と用語の解説をさせる場合の2パターンがあります。 構造計算では1類Bでは静定構造物、1類Aでは不静定構造物の計算というです。用語の解説ではポアソン比の用語の解説をせよなどといった問題がでます。 計算問題の違いで分かるように必要な参考書も少し違ってきます。

改訂版 図説 やさしい構造力学

改訂版 図説 やさしい構造力学

改訂版 図説 やさしい構造力学

構造力学苦手な人はやさしい構造力学で全体のイメージをつかむことをオススメします。この本のいいところは図説になっているので力がどのように働いて、その結果どのような力が部材に生じるかなどといったイメージが頭のなかで想像できるようになるところです。 僕は構造は全くできなかったのでこの参考書から始めました。どのくらい出来なかったのかというとたわみの計算は論外。断面二次モーメントも計算式だけはなんとなく覚えているレベル。正直片持ち梁の単純計算さえ不安なレベルでした。そのレベルの僕でもこの本から始めることで試験までには1類Aレベルの構造計算は余裕でできるようになりました。おすすめです。

増補第四版〈二級建築士受験〉5日でわかる構造力学

第五版 二級建築士受験 5日でわかる構造力学

第五版 二級建築士受験 5日でわかる構造力学

試験まで勉強時間をあまり多く確保できなかったので、5日でわかるというタイトルに惹かれて購入。5日で分かると書いてありますが本気でこれだけ一日中やれば土日の二日間でできてしまいます。僕は2日で終わらせました。実際の計算問題も収録されているので勉強になります。それ以上に用語の解説が豊富で先ほど述べたポアソン比の解説や、断面二次モーメントの解説などもわかりやすく詳細に書かれているので、とても重宝します。この解説の部分を全部丸暗記すれば、構造の問題はクリアできると言って大丈夫だと思います。

ズバッと解ける!建築構造力学問題集220

ズバッと解ける!建築構造力学問題集220

ズバッと解ける!建築構造力学問題集220

これは絶対に買ってください。繰り返します。これは絶対に買ってください。様々なパターンの構造計算の問題が載っているんですが、都庁の構造計算の問題と同じパターンの問題がいくつか載っていました。 モデル図も力の作用する位置もまったく同じで数字だけ違うみたいな問題がチラホラこの本には載っています。問題製作者、絶対にこの本見てるだろと思いながら使っていました。構造計算は超得意!みたいな人も苦手な人もとりあえずパターンを暗記するためにこの問題集は解いておきましょう。苦手な人はパターンの解き方を暗記してしまえばいいと思います。 ****1類Aの人はこれも追加

一級建築士試験 構造力学のツボ

一級建築士試験 構造力学のツボ

一級建築士試験 構造力学のツボ

1類BとAの決定的な違いは、Aには不静定の構造計算が出題されるということです。不静定?なにそれ??みたいなレベルの僕が助けを求めて教授の元に逃げ込んだ時におすすめされたのがこの参考書でした。分かりやすい。タイトルに一級建築士試験と書いてあるので難しそうだなと思って最初はビビってましたが大丈夫です。わかり易いし、ここまでやればもう構造計算は問題ないわっていう自信にもつながります。1類Bの方は全く必要ないのでやらなくていいです。絶対に出ないので安心してください。 しかし1類Aの人は必修です。絶対に対策しましょう。

建築設備

建築設備 (初学者の建築講座)

建築設備 (初学者の建築講座)

建築設備 (初学者の建築講座)

東京都の建築設備の出題傾向は環境部門から選出されることが多いので、建築設備の一般的な参考書であるこの参考書を図書館で借りて一通り読んだだけです。買うと高いので図書館などで借りて読むことをおすすめします。中古で買うとすこしだけ安いので中古で手に入れるのもひとつの手です。

環境工学

図説やさしい建築環境

図説やさしい建築環境

図説やさしい建築環境

この記事でもだいぶお馴染みになってきた感のある、図説やさしいシリーズの環境工学バージョンです。環境工学は基本的に建築士試験の時にしか勉強しないっていう人が多いと思うので、やさしく学べることに越したことはないのです。他のシリーズと同様にこの参考書もたくさんの図と解説でとてもわかりやすく、今まで環境を学んでこなった人にとっても接しやすい参考書になっていると思います。環境分野の出題は換気の問題が多いのでそのあたりを重点に勉強すること。また、設備と交えて出題されることが多いので機械的な設備の部分も重点的に勉強するといいでしょう。

まとめ

以上が僕が公務員試験で使用した参考書です。これ以外にも建築士の参考書を買いましたが実際には使っていないので省いています。建築職の公務員試験についてはとにかく情報が少ないので、ウェブ上で情報を探すことに時間を費やしてしまうことが多いと思います。ですがやはり公務員試験は勉強時間を確保するのが一番大変だと思うので、無駄な情報収集の時間が少しでもなくなるように、僕が実際に合格するのにやくにたったものをまとめました。

全て買うと2万円オーバーくらいになってしまいますし高価な買い物ではありますが、予備校に行くよりは全然安いですし、こういうものは一気に買ってモチベーションを上げることにも役立ちます。建築職で公務員受験を考えている方に少しでも有益な情報になれば幸いです。 何か質問等ありましたら、コメント欄にどうぞ。随時お答えしていきます。