アトピーと生活

ほとんど完治したアトピーの事を中心に

登山・UL・スルーハイクに関するオススメ本・kindleまとめ

登山(特にウルトラライトハイキング寄り)に関する本の中で名著や古典と言われているもの、読んでいて面白かったものをまとめています。

ULって何なんだ。登山って何なんだ。っていう初心者の方から登山歴の長い方にも楽しめる本になっていると思います。

ウルトラライトハイキング 

 三鷹 hiker’s deptのオーナーであり日本UL界のカリスマっぽい土屋さんによる著書。ULハイキングの歴史やULに関する考え方・哲学と言った概念的なものから代表的なULギアや食料などにの物質的なものまでULハイキングの基本が全て書いてあります。ULに興味のある方はまずはこの一冊を読んで見て欲しい。

ウルトラライトハイカ

ウルトラライトハイカー (ウルトラライトハイキング)

ウルトラライトハイカー (ウルトラライトハイキング)

 

 ウルトラライトハイキングと同シリーズの2冊目。今回の本はハイカーに焦点を絞ったかなりマニアックな内容。スルーハイカーから低山ハイカーまでそれぞれの考え方や実際に使用しているギアの紹介、役立ちアイテムの紹介など山のストリートスナップを見ているかのような錯覚に陥る。常にゲーターをして歩くハイカーが「常にゲーターをしておけばほとんど砂利は入ってこない」、シャツをよく着るハイカーが「シャツの襟を立てて歩けば首の後ろが暑くない」などと至極当たり前の事を言ってくるんだけれど、こういうのがめちゃくちゃULっぽくて最高。

ウルトラライトハイキングギア

ウルトラライトハイキングギア

ウルトラライトハイキングギア

 

 有名ブログ山より道具の寺澤さんを迎えたULシリーズ2作目。実際に使っている市販のギアから氏がMYOG(Make Your Own Gear:ギアを自作する事)ったギアの紹介やフィールドテストのレポなどが詳細に書かれている。他にも既存のギアを改造して軽くする方法などのTipsもある。チタンマグの持ち手のビニールを外して1のg軽量化に成功した事に対して喜べるような人は楽しめる本。

バックパッキング入門

バックパッキング入門

バックパッキング入門

 

ハイキングガイドブックのクラシック。長いこと絶版状態で中期市場でとんでもない値段で取引されるような本だったのでまだ読めていないんですが、この度ヤマケイ文庫からリブートされました。即買いです。名前と表紙が古くさいからちょっと躊躇うのも分かるけれど先人たちの知恵や考えを学ぶには最高の本。ちゃんと読んだらレビューしたい。

遊歩大全

遊歩大全 (ヤマケイ文庫)

遊歩大全 (ヤマケイ文庫)

 

 上のバックパッキング入門がジャパニーズクラシックだとすればこちらは本場アメリカのクラシック。圧倒的なボリュームなのでkindleのお試しだけでも十分に満足してしまえる。それでもその先を読み進めたくなる魅力の詰まった本。この本のいいところはあくまでも「ウォーキング」というところ。登山とかハイキングではなくただの「ウォーキング」歩くという事について僕たちはもっと考える必要がある。

釣歩日記 

釣歩日記

釣歩日記

 

アメリカのPCTトレイルやセクションハイク、ニュージーランドのATトレイルを歩いたGNU(ヌー)さんの日記。山と道の夏目夫妻にも影響を与えた本として有名ですが読み物として本当に面白い。完全素人の日記だからこそある舞城王太郎ばりのドライブ感。リアルな描写。これを読んだら間違いなくスルーハイクに出かけたくなる。多分数百年後のクラシック。

Pct Hiker’s Handbook 

Pct Hiker's Handbook

Pct Hiker's Handbook

 

 ULの神様レイ・ジャーディンによるPCTハイカーの為のハンドブック。中身は英語ですが簡単な英語なので読みやすい。アメリカのスルーハイクにいこうと考えている人の中で英語が出来ないっていう人は多いと思うのですがこういうアメリカのガイドブックに出てくる英単語を覚えておけば意外に問題ないみたいですよ。

Beyond Backpacking: Ray Jardines Guide to Lightweight Hiking

Beyond Backpacking: Ray Jardines Guide to Lightweight Hiking

 
Trail Life: Ray Jardine's Lightweight Backpacking

Trail Life: Ray Jardine's Lightweight Backpacking

 

 この2冊もレイ・ジャーディンの代表的な著書。ULハイクとは何か、自作ギアの作り方など実践的な内容が多く文字だけではなく図や写真も多くとても分かりやすい。

その他 

他にもトレイルランナーなどの山に関わる本の中で面白かった本をいくつか載せておきます。

BORN TO RUN 走るために生まれた ウルトラランナーVS人類最強の“走る民族

BORN TO RUN 走るために生まれた ウルトラランナーVS人類最強の“走る民族"

 
EAT&RUN 100マイルを走る僕の旅

EAT&RUN 100マイルを走る僕の旅

 
GO WILD 野生の体を取り戻せ! 科学が教えるトレイルラン、低炭水化物食、マインドフルネス

GO WILD 野生の体を取り戻せ! 科学が教えるトレイルラン、低炭水化物食、マインドフルネス

 
NORTH 北へ アパラチアン・トレイルを踏破して見つけた僕の道

NORTH 北へ アパラチアン・トレイルを踏破して見つけた僕の道

 

普通に読み物として面白いので是非読んでみてください。

dhfclub.hatenablog.com