東京蚤の市 普通の日曜日

土曜日 朝食のパンをセブンイレブンまで買いに行く。溜まりに溜まった洗濯物を2ラウンド。まだ終わりが見えない洗濯物の山を無視して病院からの東京蚤の市へ向かう。

http://tokyonominoichi.com/2018_autumn/

4年前かもっと前に行ったきりだったんだけれどとても人が増えていて手紙社さん流石ですねと思いました。姉と合流してナポリタンを食べる。とても暑くてヤッフーブリューイングの生ビールが飲めるテントがあってかなり来たのだけれど我慢。えらい。姉はドライフラワーやスツールを沢山買っていて経済力の桁の違いを見せつけられる。僕たちは軍モノのワイドパンツと漆のお皿、小さな小皿を購入。全部で1万円いかないくらいで買えたのでとても良かった。5000円の熊の木彫りの壁掛けを買おうと思ったんだけれど一周回って戻ってきたらもう売れていた。こういうのはタイミングだからすぐに買わないとだめなやつですね。写真を沢山撮っている女の人が沢山いた。帰宅して風邪っぽいのにビールを飲んだら眠くなったので寝る。

日曜日 蓄膿症っぽいのになってしまったので落ち込む。早く治れ。アップデートしたprocreateでお絵かきをしてセブンで印刷。こういう適当な遊びが出来るのって良いですね。部屋の中でダラダラと一日中過ごすやつを久しぶりにして満足。ずっと眠くてずっと起きているみたいな休日。サイコー。猫たちと遊んでグレートトラバースのYouTubeをずっとテレビで流し続けていた。部屋の中でヘリノックスのチェアワンを使っていると小屋で暮らしているような気持ちになる。狭い部屋で早く引っ越したいんだけれど小屋にしては電気もガスも通っているし快適なのかもしれないと思いはじめた。上を見るとキリが無いけれど、下を見てもキリがないね。