実質無料でkindleを読んでいる

さいころから本はよく読んでいて、家の教育方針なのか分からないけれど本代だけは毎月月末に請求すればペイバックしてくれる神制度があった。レシートを父に渡すとその分のお金をくれて、父も僕の本を読んだり僕も父の本を読んだりしていた。インターネットに特段ウェイトを置いている家庭ではなかったから知識に直結するものが本だったのだと思う。本のおかげか分からないけれど特に苦労もせずに国立の高校に受かりそこの高校の大多数がいく大学、大学院に進む事ができた。大学に入ってからは本代全額キャッシュバックキャンペーンは終了を迎えたものの、大学の図書館や院の専門図書館、研究室の蔵書などが豊富な環境だったため本に困る事は無かった。いい時代だった。数年前の事。

就職して社会人になると全ての生活費を自分の給料の中から出すようになっていって、本高いよと思う事が増えた。20万円ちょいの給料の中から本代を出して生活するのはマジでサグい。図書館を利用したりしていたけれど学生の時のように本を読むためだけの時間を取る事が難しくなって、通勤時間とか寝る前の時間といった隙間時間を読書の時間に充てるようになった。隙間時間にサクッと気軽に読むときには紙の本じゃいろいろと不便だし、通勤鞄の中に入れて持ち運ぶのも重くて大変なのだ。そしてとうとう手を出したkindlekindleジャンキーの完成である。kindleは1回だけと思っても直ぐに次が欲しくなる。まだ終わってないkindleがあるのにもう次のkindleに手を出している。クレジット決済だからお金をレジで払うわけではないのでいくらでも買える。首元で向井秀徳が囁く。繰り返される諸行は無常。アーメン。

ジャンキーは経済的にキツくなってくる。kindleジャンキーだって例に漏れず経済的な支障が少なからず発生する。手を染めるかクライムに。そんな事を考えつつもkindleを止められない自分に嫌気を感じつつも寝起きのkindle。そんな時に晴天の霹靂が訪れる。村上春樹神宮球場で見たあのホームランのように、僕の目の前のモニターにはAmazonアソシエイトの文字が。蛇の道は蛇。毒を制すのも毒なのだ。Amazonを制すのもAmazonなのだ。Amazonと組むアソシエーション。どう考えても僕に不利なこのイミテーションな関係性に全くの疑いもなく、すがりつく僕。ここに出来上がったのが現代のウロボロスkindleで読んだ面白い本をブログにアップしてアソシエーション。インセンティブで買うkindlekindleで読んだ本の感想を書く。インセンティブAmazonという蛇が食らいついたそのkindleという名の獲物はAmazon自身でもあるkindleであり、彼らは永遠にニルヴァーナとは無縁の世界でくるくるとバターになるまで周り続ける。という感じでkindleは基本的にポイントで賄えているので結構ハッピーな感じです。こういうワンクッションを噛ませるとkindleが実質無料で読めたりする世界なので案外生きやすいと思いませんか。クリエイティブ名乗る前に先ずはクリエイトしろよベイビー。アーハ?