kindleを買おうか悩んでいるひとへ

薄くなって防水機能が付いた新型のkindle paper whiteが発表されました。

kindle買おうかなどうしようか悩んでいる人に向けて、同じように悩んでいた僕が背中を押しまくる記事です。

すぐに使わなくなるんじゃないか

新しいものを買うと最初はいじりまくるんだけどその内に飽きて要らなくなるんじゃないかなと思っているひとも多いと思います。わかる。実際に僕がその通りで、買ってから3ヶ月くらいはめちゃくちゃ使ってたんですよ。毎朝毎晩。でも現代社会は娯楽が多すぎる。NetflixYouTubeSNSにゲーム。友人との食事、テニスやフットサル。こんな沢山娯楽があるのに読書しかしないなんて無理な話なんですよ。僕はハウスオブカードに出会ってから通勤電車ではkindleをやめてNetflixばかり観てましたね。その結果Netflixにどハマりしてしまい、kindleh放置される事になりました。1年くらいですかね。1年間全く触らなくて、買わなきゃ良かったかもなとか思ってました。でもある時急にNetflixに飽きて本を読みなたくなったんです。知的欲求。

それからは毎日持ち運んではいます。でも別に読まない日もあれば読む日もある。いつでも本が読める状態をキープしていることが重要なのであって。

お金かかるんじゃないか問題

本なんて図書館で借りればタダだし、kindleになってない本も読むことが出来る。この点においては完全にkindleの惨敗。お金がかかるし、kindleにない本もあります。でもそんなに家計を圧迫する程書籍代がかかるものなのでしょうか。僕の場合は一週間に一冊程度の本を読みます。高い本で1000円くらいですが基本的にはセールの時に買っておいた本を読んだりする事が多いのですが。例えば一日1冊の本を読む読書家だとして1年間で365冊。セールで100円とかの本もあるので高価なkindle本を買ったとしても平均で1冊1000円だとしましょう。そうすると1年間で36万円。これは流石に高いけれど現実的なレベルで考えると一ヶ月で5冊読んだとして5000円。1年間で6万円。6万円で毎日楽しく過ごせると思えば安いような気がします。これは個人差だしそれぞれの家の経済状況によって全然違ってくるので何とも言えないけれど。

kindle unlimitedというサービスもあってこれは月額制で対象の本を読み放題。今kindleを買うとunlimitedのサービスが6ヶ月無料になるので半年は本体代だけで読み放題です。めちゃくちゃすごい。

レビューを書いてペイバック出来る

例えばブログとかSNSで自分が読んだ本について感想とかをつらつらと書いてアップしておけば気になった誰かがその本を買って多少のお金が入ってきたりもします。アフリエイトですね。本代になればいいなくらいの気持ちで読んだ本についてまとめておくと、読書記録にもアウトプットにも、お小遣いにもなるし悪いとこなしです。

知識はお金に変えられない

結局これに尽きるんですよ。本っていうのはラノベから哲学書まで膨大なジャンルの本があるけれど、全ての本には少なからず知識が含まれています。本当に小さな雑学から仕事の効率化とか人生を変える格言とか、そういうのが自己啓発本以外にも純文学とかエッセイにもたくさん含まれています。その言葉たちと人生の中で触れ合えるかというのは僕にとって結構大きくて、そのチャンスを逃してまでお金を大切にしたいかって言われるとそんな事ない。というよりも知識を買うっていうのはお金の正しい使い方のひとつだと思う。

さいごに

悩んでいる人は一回買ってみて、ちゃんと箱とかとっておいて自分には必要ないなと思ったらメルカリとかで売ってしまえばいいんです。そのくらい軽い気持ちでサクッと買って使ってみるのが一番だと思う。多分僕みたいに手放せなくなると思う。もし買ったら薄暗いベッドのに寝転んで好きな本を読みながら寝落ちするやつをやってみて欲しい。マジで気持ちいいから。

Kindle Paperwhite、電子書籍リーダー、Wi-Fi 、ブラック