生活.com

お役立ち情報と生活

【ウォームビズ】寒い冬に革靴をインソールで暖かくする

これから本格的な冬がやってくる。セーターを着てダウンを着て、手袋をしてマフラーもしても寒いのが爪先です。朝夕の通勤時間のあの足の寒さをどうにかしたい。

革靴寒い寒い問題

ビジネスシューズと言われている革靴は機能的にはクズなのでめちゃくちゃ蒸れるしめちゃくちゃ寒い。最悪です。僕はもう革靴生活にグッバイしてスニーカーで通勤していますが偉い人との打合せの日などはそうもいかない。そこで革靴を劇的に暖かくする。

暖かインソール

ギャル達は冬になるとイェティみたいなふわふわのムートンブーツを履き始めます。

UGGのムートンブーツですね。あれ暖かいんですよ。見た目が良くないとか、汚れやすいとかの問題があるのも事実ですがギャルは合理的。暑くなったらミニスカートを履き、寒くなったらムートンブーツを履く。背を高くしたい時にはヒールを履く。その点多くの社会人は暑くても、寒くても、雨でも革靴を履いている。そろそろギャルを見習うときが来た。とは言ってもスーツにモコモコのムートンブーツというのもハードルが高すぎる。でも大丈夫。UGGのインソールが別売りで売っているのです。これがもうめちゃくちゃに暖かい。

UGG インソール

普通の革靴にインソールを入れるだけでふわふわでぽかぽか。ウールの起毛なので暖かいのは当たり前なんだけど。僕は寒がりなのでウールのめちゃくちゃ暖かい靴下を履いていても朝夕の通勤時はつま先が冷たくなってきてしまう。足が寒いのは本当に嫌なので毎年11月の終わり頃になるとこのインソールの出番です。革靴って基本的にインソールも革で出来ているから、朝足を入れた瞬間が寒い。そういうものも全部解決してしまうインソールの偉大さ。アーメン。3月頃まではこのインソールのお世話になります。簡単に入れ替え出来るのでスニーカーに入れて使ったりも出来る。

安いやつはすぐにへたるけどワンシーズン使えれば良いくらいの気持ちで使う分にはおススメです。

他にもおすすめのインソールをまとめています

インソールのサイズ感について

今回だけではないんですがスポーツタイプのインソール以外は基本的に2サイズ以上大きめの物を選ぶ。スポーツタイプのインソールは土踏まずや、かかと、指の付け根などの力の入る位置を計算してデザインされているのでジャスト催事じゃないと真価を発揮しない。その点ウールのインソールとか衝撃を吸収する為だけのインソールとかは特に部分ごとにデザインされているわけではないので、大きめのサイズを買ってハサミで自分の靴に合わせて切る。小さすぎるインソールは靴の中で動いてしまって最悪なので大きめのものを選んだ方がジャストサイズになる。切るときは踵を靴に合わせてつま先の方を切って調整してください。インソールだし安いし冬しか使わないから神経質になる事はない。

革靴のサイズ感について

特にサイズをアップするとかはしなくて大丈夫です。今まで履いていた革靴にインソールを入れるだけ。買って直ぐはウールがもこもこでインソールにかなり厚みがあるように感じるけど、履いて入ればどんどん潰されて圧縮されていく。圧縮される事で密度が濃くなり強度も暖かさも増していきます。圧縮されてしまえばいつもの革靴のサイズ感とほとんど違和感は無くなるんだけど、完全に圧縮されるまでの間はちょっと小さく感じるかもしれない。11月〜3月の間はほとんど毎日履いてしまうので気になる人はインソール用のハーフサイズ大きい安めの靴を買ってもいいかも。

ウォームビズに暖かい革靴を

冬の足の寒さ対策は意外としていない人が多いので試してみて欲しい。足先が暖かいだけで本当に暖かいので使ってみて。

暖かいインソールもオススメですよ。