スケーターが持っていると便利なものリスト

  • スケートボーディング イズ 最高。休日の晴れた日にパークに行く時も、平日の夜に公園の街灯の下に練習に行く時も持って行くと便利な物リストをまとめました。僕は一式をいつもスケート用のバックパックの中に入れっぱなしにしているのでスケート行く時はそのリュックを背負うだけで基本的に準備は万端です。以下リスト。

予備パーツ関連

ウィールのネジが無くなったりとか、キングピンとかがよくぶっ壊れたりするのでそこら辺の予備パーツは新しい板を買ったときに一緒に買っておきましょう。

  • ナット

気が付いたらウィールが外れている事が良くありますが、これはトラックのナットが外れてしまったのが原因です。暗いところでやっているとなかなか探すのも厳しいので予備用に持っておきましょう。ナットが無いとプッシュで帰れないという地獄が待っています。応急処置としては缶ジュースのプルタブをナットの代わりにはめてウィールを固定することも出来ますが、いつ外れるか分からない恐怖心とめちゃくちゃ穏やかなプッシュ(菩薩プッシュ)しかできないので本当に応急処置。予備用のナットがあれば余計な心配いらないので是非。

  • キングピン

以外とよく折れるキングピン。キングピンは折れても誤魔化しながらプッシュで帰ることは出来ますが交換しちゃうのが一番なのには変わりない。

  • 工具 

パーツがあっても工具がないと直せないので工具が必要。昔はカラビナ型のやつを鍵と一緒に使っていたけれど今はもう適当にもらったやつをバッグに放り込んでいます。こういう所でおしゃれ格差が広がる広がる。evisenのバタフライツールがめちゃくちゃカッコよくて欲しい。

周辺グッズ

無くても困らないけれど有ると便利だから持って行くと良いもの。

  • グリップゴム

グリップテープが土などで汚れてくると摩擦が小さくなって引っかかりにくくなってきます。トリックにかなり影響が出るので途切れたらゴムで綺麗にしましょう。使い方は消しゴムと同じ。そんなに神経質になる必要もないので時々でオッケー。何年間も無くならない魔法のアイテム。

  • ワックス
  • NINJA スケートボード ワックス バナナ

    NINJA スケートボード ワックス バナナ

     

     もうオーリー飛びたくないよっていう時のスラッピーに必要不可欠なワックス。はじめのうちは使い方もよくわからないしいらないかなーとか思いがちですがいずれ買うのでついでに買ってしまいましょう。安いしこれも何年間もなくならない魔法のアイテム。ninjaのやつは手が汚れなくていいですよ。そういうの気にしないぜっていう人はなんでもオッケー。

レック 激落ちクロス マイクロファイバー 10枚入

レック 激落ちクロス マイクロファイバー 10枚入

 

 給水能力がエゲツないタオル。肌には悪そうな質感してるのでこれはスケートボード用に使います。夏場とかは汗がデッキテープにポタポタと落ちてよく濡れる。そうなると汚れと同じように摩擦が小さくなってトリックやりずらいぜってなるので持っていきましょう。ウェスとして使うようなイメージです。これ便利ですよ。

快適グッズ

スケートボーディングは最高なんだけれどより快適に過ごすためのおすすめグッズ的な。

  • ナノタオル

 汗をかいたらこれで拭きましょう。すぐに乾くのでいつでも汗を拭く事が出来る。とても便利。銭湯に行くときにも持って行くと便利です。

  • ヒエノン 
ひえぷる やわらかまくら

ひえぷる やわらかまくら

 

 冷たい版ホッカイロ。ワンパン食らわすとなんやかんやの化学反応が起きてめちゃくちゃ冷たくなります。あっちょっとやっちゃったなとか思ったらこいつをワンパン。患部を即冷やしましょう。楽天で大量に買っておくとひとつ100円くらい。夏場は怪我もしていないのに意味もなくワンパン食らわせている自分がいますね。

  • 手首用サポーター

転んだときに全体重を支えることになりがちな手首を守るためぼサポーター。社会人スケーターは付けておいた方がいいかもしれません。

  • 水筒

普通の水筒じゃなくてこれは公園の水場から2リットルの水を確保出来る。コンビニで買っていけばいいじゃんっていうのは間違いないんだけれどこれ1つ買っておけばぶっ壊れるまで一生水がタダで飲めると思うと辞められない。本当に夏場は馬鹿みたいに水を飲むのでこれあると便利。

 

自分がいつも使っているものをご紹介しました。正直タオルとかウォーターボトルとかは無くても全然オッケーだけど、パーツ類とワックスは何かを買うついでに一緒に買った方がいいですよ。パーツだけとかで買うと送料も無料にならない金額で収まっちゃう事が多いのでデッキを買ったらついでどうぞ。マジでせっかくパークに来たのに滑れないのは最悪なので。