アトピーと生活

ほとんど完治したアトピーの事を中心に

公務員・社会人のウォームビズはどんな格好をしているのか

寒くなってきましたね。そろそろウォームビズの季節です。公務員・社会人のウォームビズは実際どんな服装すればいいのか気になっている方も多いと思う。という事で公務員・社会人のウォームビズの服装について解説しようと思います。

公務員と民間企業の違い

それぞれウォームビズの服装で違いはあるのでしょうか。あるんですよ。それは会社の外に行くか中で仕事をするかの違いが反映されているんです。基本的に役所の中で仕事が完結する公務員の服装は民間企業のサラリーマンよりも規則が緩いことがあります。簡単に言うとジャケットを仕事中に着ている人は少なく、セーターやカーディガン姿で仕事をしているという事です。それに比べるとと民間企業では外回りや打ち合わせで会社の外に出ることが多いのできちんとスーツを着ているといった違いがあります。

公務員のウォームビズ

公務員のウォームビズについて実際にどのような格好をしている人が多いのかをご紹介します。一番多いのがスラックスにシャツにセーターというジャパニーズオールドファッション。年配の人はちゃんとネクタイを占めていますが若い人は基本的にネクタイはしていないことが多いです。他にはシャツの上からフリースを着ている人もいます。フリースを会社着として椅子にかけておくと気軽に気温調整が出来るので便利です。

社会人のウォームビズ

社会人の場合はジャケットを羽織ることが多いのでニットのベストや薄手のセーターがオススメです。ジャケパンなどのカジュアルな服装が許されている会社ならいいけれど、規律が厳しい会社の方は冬に着る予定のジャケットを着た状態でも動きにくくないようなサイズのセーターやベストを選ぶようにしておきましょう。民間企業ではネクタイが必須となっている事が多いのでネクタイをしても嵩張らないようにVネックのセーターを選ぶといいですよ。クルーネックのセーターだと首元が詰まっているのでネクタイがあまり良く見えませんし。嵩張ります。ノーネクタイならクルーネックがカッコイイんですけど、そこら辺は会社の雰囲気に合わせて各自調整して下さい。

最後に

これから寒くなる季節ですので暖かい格好で過ごしてくださいね。