アトピーと生活

ほとんど完治したアトピーの事を中心に

仏壇の線香にlisnのお香を使う事にした

仏壇の前で手を合わせる時に使う線香だけど、匂いに飽きてきたしもっとポップに仏様にSsy Helloしたいから線香をやめてお香を使う事にした。老舗の線香屋さんは大抵今っぽい人たちの為に、別のラインを用意している。松栄堂にはlisnというラインがあって、昔京都で生活をしていた時によく焚いていたから今回もlisnで買う事にした。

ちなみに、仏壇で焚くお線香にlisnとかのお香タイプのものを使用していいのかという問題については全然使用してオッケーという事らしい。線香だってお香の中の一種類だし、今は基本的に線香とお香として使用されている線香の原料にほとんど違いはないという事だった。最近はお線香の代わりにお香を焚く人も増えているらしい。最高だと思う。ハードルはできるだけ下げるべきだ。変な制約とかそういうものもできるだけなくしてもっとイージーにポップにみんなが多くのことに挑戦できる世界はなんて美しいのだろう。

東京だとlisn青山があって、APCの入っているビルの2階に入っている。対面式でスタッフさんの意見を聞きながらお香を選ぶ。種類はめちゃくちゃたくさんあって自分の好きな匂いを探すなんて無理な話なのでスタッフさんに好きなお香の色とか、甘すぎないとか、和室に合うとか、リラックスしたいとかそういう抽象的なリクエストをするとスタッフさんは悩むことなくいくつも提案をしてきてくれる。だからその中から選ぶといいと思う。1本30円から40円くらいのものが多いので全種類一本づつ買うのもかっこいいし、好きなお香10種類を5本づつくらい買うのがちょうど良い買い方なのかもしれない。50本買っても2000円以下なのだから安くてびっくりしてしまう。対面式で緊張するかもしれないけれど適当にイージーにスタッフさんに全部まかせますよという気持ちでいけば大丈夫。安心してください。

実際に使ってみて

いい匂いはいい

松栄堂の線香もいい匂いで気に入ってるんだけれど、毎日そればっかりだと飽きてしまうしという気持ちでお香にチャレンジしたわけですが大正解。やっぱりいい匂いっていうのは最高で、仏壇でお香に火をつけた後もいい匂いに捕まってしまって結構な時間動けなくなる。いい匂いだなとか落ち着くなとか、この匂いは好きかなとか嫌いかなとか、いままで普通のお線香を使っている時よりもお線香について考えることが増えた。というよりも故人に対して、考える時間が増えた。決して湿ったいものではなく、ある意味でポジティブな。

短いのがちょうどいい

Lisnのお香は今まで使っていたお線香の大体半分くらいの長さで、燃焼時間も丁度良い。朝起きてお香を焚いて、家を出る時にはもう終わっている。お線香を点けたまま家を出るのは万が一の事を考えると怖かったからこのlisnの長さは丁度いい。

今回買ったお香

  • UMEMI/パウダリープラム
  • EBONY MOON/森と土のイメージ
  • OPAQUE SILVER/白檀と乳香
  • SUNNY/新鮮な緑やひのき調香師の手帖 香りの世界をさぐる (朝日文庫)