アトピーと生活

ほとんど完治したアトピーの事を中心に

僕たちは子供のままでいい

いつのまにか自分が20歳を過ぎていて、大学院を修了して社会人として企業で働いたりしていると随分遠くまで来てしまったなと思う時がある。僕はいつまでも子供のままでいたいのに。会社の取引先の人とか、別の部署の新人さんとか僕よりも大人なんじゃないかなと思う時がある。彼らはとても大人だ。会社をズル休みしないし、台風が午後に来ることを見越してズル休みしないし、仕事が残って入ればちゃんと20分くらい残業をして仕事をかたずてから家に帰る。大人。大人っていうには大きい人だと思っていたけれど、社会という大きな存在を理解した人の事を言うのだと最近になって理解した。そう考えると僕はまったく大人ではない。それに僕は知っているんだけれど、みんな本当は大人じゃない。適用に大人っぽい人がしているような所作を大人っぽい人から盗んでそれを真似しているだけで家に帰ればみんな子供、子供っていうか赤ちゃんなのだ。

例えば何か辛い出来事があった時に「もう大人なんだから」なんて言うのは間違っている。大人だからなんなんだ。子供だったらいいのか。だったら人間は大人になるメリットなんて全くないじゅないかなどと思ったりする。みんな子供でみんないい。をモットーにこれからみんなで仲良くやっていきませんか。みんなで仲良くこれから社会は幼稚園や保育園の延長線上にあるということをちゃんと忘れないで、やって言ったほうがいいと思う。甘やかして甘やかして、相対的ではなく絶対的に甘やかせばいいだ。

僕たちは社会人である前に人間で、人間である前に幼稚園児であって、さらに言えば僕たちは皆誰かの赤ちゃんだったのだ。あの赤ちゃんが自分で服を着てキーボードをバンバン叩いていて、自分で電車に乗れるだけでもうよく良くない?人間は本当に勘違い中毒で自分たちがさもすごい能力を持っているかのように扱うけれどそれは全くの虚像なのでみんなで仲良しこよしでやっていこうね。ハート。